//
you're reading...
アジア人物伝

カオサンのふくちゃん

 この男性、名を「ふくちゃん」といい、タイはバンコク・カオサン界隈ではちょっと知られた36歳。 彼が話しているこの場所はバックパッカーの巣窟であるカオサンロードから細い路地を入ったところにある15メートル四方の小さな広場に面した家の軒先。 つまり彼のバンコクでの拠点であり、その昔僕が定宿にしていたグリーンハウスの並びである。
 ふくちゃんについてはフジテレビが「ザ・ノンフィクション」という関東ローカルのドキュメンタリー番組で二度に渡って放送したこともあり、ご存じの方もおられるだろう。 たしか日曜の真昼間にやってるようなドキュメンタリー番組。 第一回の放送は昨年の5月で、内容はこんな感じだった。

ザ・ノンフィクション 「父さん、ゴメン… ~5年ぶりの帰郷~」

タイに“外こもり”と呼ばれる日本人たちがいる。
誰がそう名づけたかは定かではないが…彼らは日本で生活費を稼ぎ、その資金を元に物価の安いタイで長逗留している。
ふくちゃんの愛称で呼ばれている、福井(35歳)さんもそんな中の一人。
番組では福井さんのタイでの生活に密着した。
長期のタイ在留で、生活するだけの資金を使い果たしてしまった彼は、目下のところ、現地タイ人の厚意のもと、軒下を借りながらの生活。
食事は、朝と昼の2食分をシーク教の寺院が提供する無償の炊き出しカレーでまかなっている。
また、時には、日本人観光客に無料で観光案内し、その見返りとして食事をご馳走になったりしながら食い繋ぐという、まさにギリギリの生活。
そんな福井さんはホームレス狩りの被害に遭ったりしながらも、一向に帰国する姿勢を見せようとはしない…。
何故、タイで生活し続けようとするのか…?
何故、そこまで彼は祖国・日本に背を向けようとするのか…?
彼の口から語られた過去は…職場でのいじめ、そして、父との確執。
ある日、そんな彼は、知り合いの男性の元を訪ねる。
田舎町でひっそりと暮らすその男性は、数年前から福井さんが厚意にしているという元教師の日本人で、ガン治療のためにタイに移住してきたという。彼は若い頃から両親・妹・妻を相次いで病で亡くしていた。
そんな人物からの勧めによって、母の七回忌の法要と父との和解のため、福井さんは日本へ一時帰国しようと決意する。
バンコクの下町・カオサン通りから東京の下町へ…5年ぶりの帰郷。
しかし、5年間という不在によって、現実には大きな変化が生じていた。
やがて、我々のカメラは福井さんの人生における一つの節目に立ち合うこととなる…
(某所より転載)

 で、ネタばらしすると、帰国したふくちゃんを待っていたのは父の死だった。 誰にも看取られず一人死んでいった父親。 無縁仏状態になっていた父の遺骨を葬祭業者から引き取ったふくちゃんはついに覚悟を決めて日本で真人間として再スタートかと思いきや、その遺骨を親戚のおばさんに託してバンコクに舞い戻り、ふたたびストリートライフを始めたのであった。 この前のバンコクでの赤シャツ隊の暴動の際もフジテレビの朝の情報番組「知りたがり」に現地リポーターとして生出演。 なんでも時事通信がフジテレビに推薦したらしい。
 ふくちゃんの生き方については知れば知るほどツッコミどころ満載ではあるのだが、彼がバンコクから発信している「Traveler’s Supportasia」というブログにおいて、アジアを旅する人向けに非常に有益な情報を提供してくれていることは特筆に値する。 僕がカオサン界隈にいた(あくまで滞在であり住んでいたわけではない)時期とふくちゃんのそれはまったく重ならないのだが、上の動画の最後に映る小さな広場は以前のままで郷愁めいたものを覚える。 久しぶりに定宿だったグリーンハウスのことを調べてみたら、意外にも立派なウェブサイトがあった。 とてもゲストハウスとは思えない洗練されたウェブサイト。 建物もウェブサイト同様完璧にリノベーションされてイスラエル人専用の安ホテルといった趣きにグレードアップしていた。 旅行代理店を併設し、かつてポツリと卓球台があった場所には3台のビリヤード台。 昔は150バーツ(約450円)ほどで泊まれたのにいつの間にか3倍の値段になってる・・・。 そういえば僕が利用していた当時からやたらイスラエル人が増加傾向にあったのを覚えている。 どうもヘブライ語ってのは角張ってて苦手だ。
 もうたぶんカオサンロードに行くことはないだろうけれど、昔を知る者としては街も安宿もあんまり小奇麗にならないで欲しいものである。
 
 
追記:ふくちゃんこと福井厚志氏、昨秋に震災の義援金を着服したことが発覚して謝罪したようです。 真人間への道がまた遠のいた・・・。
福井厚志さん義援金着服事件のお詫び【YouTube】
さらに追記:2013年1月、ラーメン屋台を始めた模様。
ふくちゃん軒

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2010年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。