//
you're reading...
Odyssey

タイ・ビルマ出張記2010 その7 THAMADA Hotel

 本当なら先ずホテルにチェックインして朝飯でも食ってからと思っていたのだが、親切にもヤンゴン国際空港まで迎えに来てくれていた取引先に拉致されてそのまま工場へ。 今回は出荷目前の商品の検品が主な目的だが、仕事の話は割愛。 結局そのまま午後4時過ぎまで働き、7時半にふたたび食事をするまでのわずかな時間は周辺を散歩したり部屋で休息に充てたりした。
 今回宿泊したのはTHAMADA Hotelという中級ホテル。 ヤンゴン中央駅のすぐそばでボージョー・アウンサン・マーケットなどにも近いなかなかのロケーションである。 中級とはいえレートは安ホテル並みなのがこの国のホテル。 理由は供給過剰。 一時期政府が観光立国を目指し、それに伴い多くのホテルが開業したのだが、いかんせんこの国の閉鎖性もあり観光客の方はなかなか増えない。 したがってこのホテルも1泊あたりUS$29と格安ながら朝食付き。 最初はストランド、二度目はトレーダーズ・ホテル、そして今回のタマダ・ホテルと徐々にダウングレードしている僕の出張。 どうせならアップグレードしたいところだが、最初に行ったところが最高のホテルだっただけにあとは下がる一方だ。
 ちなみに、現在日本人など外国人がミャンマーを訪れる際はビザが必要だが、ついこのあいだアライバル・ビザの取得が可能になった。 つまり日本のミャンマー大使館等であらかじめビザを取得しておく必要はなくなり、残存有効期間6ヶ月以上のパスポートとビザ用の写真(4×6cm)2枚、観光ビザならUS$30、商用ビザならUSD$40の現金さえ用意していけば空港でビザを発給してくれる。

客室から見えるヤンゴン中央駅  帝冠様式の特徴的な外観

 周辺を2時間ほど散歩して部屋に戻った時にはクズ札を数枚掴まされていた。 これまでもインドネシアなどのインフレ国でクズ札と出会ってきた僕だがこれは最強の部類に属する。 シャーレに入れて培養しておいたらそのうち未知の生命体か何かが飛び出してきそうな気がする。

 気のせいか表面もややヌルっとしてたし・・・。

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2010年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。