//
you're reading...
Food & Drink, Odyssey

雪の富士へ

 先日、富士山の麓に足を伸ばした。 目的は乗馬と食事。 しかしながら直前に大雪が降ったので騎乗できるかどうか不安もあり、当日の朝に乗馬クラブに電話を入れてみたところ「問題ない」とのことだった。
 用賀から東名で富士I.Cへ。 そこから西富士道路を30分ほど北上する。 道路こそ除雪されてノーマルタイヤで何ら問題ないものの、辺り一面は白銀の世界。 こんな状況で乗馬などできるのだろうか? 馬場は除雪ぐらいされているのだろうけどぬかるんだりしているのではなかろうか? 一抹の不安を抱えつつも辿り着いた「EQUINE-HOLIC(エクインホリック)」。 そこにあったのは僕らの想像を超えた光景だった。

 一面の白銀の世界。 富士山が霞がかっていたのが残念ではあったが、雪の中での乗馬などそうそうできるものではないのでこれは貴重な体験だった。 東京から2時間半でここまで非日常の世界に遭遇できることもあるのだ。
 エクインホリックにいる馬はすべて引退した競走馬である。 競走馬のほとんどは引退後「乗馬」という名目で家畜飼料・加工用として処分されている現実がある。 競走馬として優秀であればあるほどその気性も激しく乗馬には向かない。 人間の為に一生懸命走ってきたのに、短い競走馬人生を終えた後は人間によって「処分」されてしまう彼らサラブレッドに一頭でも多く静かな余生を送らせてあげたいというのがオーナーが牧場を始めた理由だと聞く。
 この芦毛のオスカーリッチも26歳。 人間でいうならもう80歳ぐらいの老馬だが、幸いなことに富士の麓で静かな余生を送っている。 馬券を手にレースに一喜一憂した人々のうち一人でも多くの人が趣味で乗馬を楽しむようになれば、このオスカーリッチのように乗用馬として幸せな老後を送る馬も増えるに違いない。

 ちょうどお腹も空いてきたので予約していた「レストランビオス」へ。 レストランビオスは「ビオファームまつき」に付帯するフレンチレストラン。 以前雑誌で見て一度訪れてみたいと思っていたのだった。 エクインホリックのある朝霧高原からはクルマで20分ほどの場所にある。
 ナビゲーションに住所を入力してみようとしたが、記載されている「富士宮市大鹿窪」という住所が出てこない。 仕方なく店に電話で訊いてみたら、ほとんどのナビゲーションでこの住所は表示されないらしく、代わりに店の最寄りの「青木コンクリート工業」の電話番号を教えてくれた。 言われた通りにこの番号を入力すると場所を特定することができた。 
 ようやく着いた店は平日の午後1時というのに満席。 駐車場に停められていたクルマのナンバーから判断すると、地元の常連客に混じって僕らのように遠方からの客も来ていたようだ。
 肝心の料理は野菜中心のメニューではあるが、ジビエも充実しておりボリュームも申し分ない。 「テロワール」というコースだったが、どのメニューも野菜はとても美味しく、ベジタリアン用のメニューがあっても良さそうに思えた。
 天気が良ければ店内からも富士山を望みながら食事が楽しめるはずだったが、徐々に雲が出てきたこともあり残念ながら富士山は見えなかった。 次回に期待である。

 
お店DATA
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
レストランビオス
静岡県富士郡芝川町大鹿窪939-1
(JR新幹線新富士駅より車で45分、JR身延線西富士宮駅より車で15分)
TEL:0544-67-0095
営業時間:11:30~14:30、17:00~20:00(火曜日は11:30~14:30のみ)
定休日:水曜日
Website:http://www.bio-s.net/

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。