//
you're reading...
号外

生還


 ずっと何かいいニュースについて書きたかった。 だからこの犬が3週間の長きに渡って沖合いを漂流する瓦礫の上で命を繋いでいたことがたまらなく嬉しかった。
 瓦礫の上で幸運にも何か食べ物を見つけて食べていたのかも知れないし、震災後この地域に降った雪や雨が瓦礫の上にわずかな水溜りをつくり、それを飲んでいたのかも知れない。 いくつかの幸運が重なったのかも知れないが、日中はまだしも夜は真っ暗な海の上で不安と孤独のなかの3週間。 もし彼が人間だったら果たしてここまでの生命力があっただろうか?
 すべてを失い悲しみの淵にいる人々が、その多くは無遠慮に向けられたであろうテレビカメラに向かって搾り出す言葉のひとつひとつに心をかき乱される毎日。 少しは救いがあってもいい。
 捜索活動のなかで海上を漂う瓦礫の上にこの犬を発見し救助してくれた海上保安庁の皆さん、本当にありがとう! この犬が飼い主の方と会えますように。
 
 
 追記(4/4):無事飼い主の方と再会できました。 彼じゃなくて彼女(♀)でした。
 

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。