//
you're reading...
Odyssey

岩手の旅 その6 南部曲り家

 東北に暮らす人々と馬との密接な繋がりの象徴が「南部曲り家千葉家」である。 築200年の曲り家はその名の通りL字型の平面を持ち、中には居間と厩が一体的に配置され、文字通り人と馬が一つ屋根の下に暮らしていた。 今も住居として使われており、その一部が一般公開されている。
 東日本大震災の影響で敷地の石垣の一部が崩落しブルーシートがかけられていた。 玄関を入ると土間があり、すぐに厩がある。 人間と馬の居住スペースが土間を介して繋がれている。 昔は作男15人を含め、25人の家族と馬20頭が同じ屋根の下で生活していた千葉家。 東北の厳しい自然の中で人々が生きていくために欠かせない存在であった馬。 その馬たちをいつも身近に置き、愛情をかけ、できるだけ面倒を見てやろうという気持ちから生まれた南部曲り家。 豪農であった千葉家が、当時飢饉に見舞われて苦しんでいたこの地の人々の飢餓対策、失業対策として食事つきで雇い入れて建てさせたのだという。 今でいう公共事業を地元の豪農がやってしまうあたりは、無能な総理大臣が官邸に立てこもっているおかげで復興のための予算ひとつロクに通らない中央の政治をよそ目に、被災地の自治体が独自に復興に向けて動き出している今の状況に酷似している。
 江戸時代の施政者を菅直人のような北朝鮮の工作員と比べるのは失礼というものだが、歴史は繰り返す。
 

DATA
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
南部曲り家 千葉家住宅
岩手県遠野市綾織町上綾織1-14
(JR釜石線 遠野駅からバスで10分、「南部曲り家千葉家」下車 徒歩すぐ)
TEL:0198-62-9529
営業時間:8:30~17:00 (11月~3月9:00~16:00)
Website:http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/25,10386,122,144,html

 
つづく

 

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2011年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。