//
you're reading...
Odyssey

岩手の旅 復興支援編 その2 初日

 遠野総合福祉センターへ。 池袋西口を3台で出発した「遠野・釜石号」。 どうやら数名が僕と同じような強行軍でそのまま初日の活動に入るようで、受付のところで同じバスに乗ってきたとおぼしき30代ぐらいの女性と一緒になった。 簡単なレクチャーを受けて誓約書にサインし、これから3日間を過ごす宿舎となる体育館に行き、そのまま初日の活動に備えて作業服に着替える。 今回の活動にあたって新たに購入したのは長靴に入れる踏み抜き防止用のインソールぐらいだ。
 7時15分からラジオ体操。 総勢200名ほどだろうか。 その後朝礼が行われて各現場への人員配置が行われる。 遠野まごころネットからの派遣地域は大槌町、陸前高田市気仙町、釜石市箱崎地区、釜石市根浜海岸の4地区。 初日で多少気後れしていたのもあり、人員の振り分けの流れに任せていたら大槌町に行くことになった。
 目的地別にそれぞれのバスに乗り出発。 大槌町までは約1時間半。 途中、釜石や両石、鵜住居を経由していく。 釜石は一ヶ月前に見ていたが、両石も鵜住居も惨憺たる状況。 車内を重苦しい空気が支配する。 ほどなく現地の前線基地のような場所に到着。 ここで大槌町内の複数の現場ごとに更に細かく班分けがなされ、それぞれのバスにスコップなどの道具を積んで活動現場に向かう。 僕は日本財団ロードプロジェクトから派遣されてきた学生のグループに加わり、安渡小学校付近の住居跡の瓦礫撤去をすることになった。
 現場には重機が入っており、全半壊した住居の破砕処理が行われている。 僕らの仕事は敷地内に生い茂る雑草を抜き、重機が取り残した細かい瓦礫を除去すること。 そして何らかの思い出の物品を見つけた場合はそれを集積することである。 仕事に派手さはなくひたすら地を這うような作業。 塩分を多く含んだ地面からは潮の香りが漂ってくる。 こんなに塩分濃度が高いはずの地面から生えてくる雑草。 ここでは単なる厄介者だがこの雑草魂だけは我々日本人も見習わなければ。
 遠野まごころネットでは被災地での写真撮影は禁止されている。 しかしながら事前に班長の許可を取り、被災者の目に触れないように撮影する分にはOKということだったので休憩時間に許可を貰い一枚だけ撮影した。 僕が立って撮影した場所が津波の到達した最深部である。

 写真を撮影した場所の背後は山になっていて、そのふもとに安渡小学校がある。 トイレを借りに行くと校庭に仮設住宅が建てられていた。 この棟数ではこの町の被災者の10分の1を収容することすら不可能だろう。 だが、大槌町に仮設住宅に適した高台の土地が少ないのも事実。 校舎は学校としては使われておらず、幼児の保育所や集会所として使われている。
 現場が仮設住宅の入口付近にあるため、作業をしていると被災者の方々が頻繁に前を通っていく。 皆さん一様に「こんにちは」「ご苦労様です」「ありがとうございます」と挨拶をして下さる。 被災者との接触にもルールがあり、我々のスタンスとしては被災者に被災当時のことなどについてこちらから訊いたりはしないということ。 ただし被災者の方が自ら話し始めた場合はとにかく聞く。 そういう状況になったら作業よりも聞いて差し上げることが最優先、というもの。
 正午。 眼の前の電信柱のスピーカーから「ひょっこりひょうたん島」のメロディーが流れた。 大槌町にひょっこりひょうたん島のモデルとされる「蓬莱島」があることから防災無線で正午を告げていたこのメロディーも、津波で音源があった町役場も流されたことからしばらく途絶えていたのだという。 それをジャズピアニストの小曽根真が新たに音源を提供し、ちょうどこの1日に県立大槌高校吹奏楽部とセッションする記念のセレモニーが行われて再開されたのだった。
 作業現場で昼ご飯。 現地に来る途中のコンビニ休憩時に購入したおにぎりを頬張る。 日差しを遮るものがないのでさすがに暑い。 スポーツドリンクと塩飴は必須アイテムである。 僕の入った班は男子学生2名、社会人2名、女子学生2名の構成。 日本財団ロード・プロジェクトの活動期間も一週間で、学生のみならず社会人も参加しているという。 
 午後も地道な作業が続く。 メンバーの一人が赤いランドセルを見つけた。 名前も書いてある。 被災から5ヶ月近くなるというのに・・・。 おりしもちょうどランドセルを背負った二人の子供が歩いてきた。 二人は三叉路で別れ、一人は被災を逃れた高台の自宅へ、一人は仮設住宅のある安渡小学校へと歩いていく。 安渡小学校に通っていた生徒も校舎が学校として使われていないため別の小学校に通っているのだという。 そのため小学校から小学校に通い、また小学校に帰る生活が続いている。
 

つづく

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2011年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。