//
you're reading...
蹴球狂の詩, Odyssey

欧州蹴球競馬旅 Episode 2 イタリアダービー


 スタジアム入りが遅れたせいか、係員に案内してもらった僕らの席の周辺は既に客で埋まっていた。 バックスタンド1階席。 驚くべきことに座席は薄いクッション入りでブルーのインテルカラーのファブリック、しかも背もたれ上部にはインテルのエンブレムも入っている。 サンシーロがACミランの本拠地としても使われることを考えると、これはおそらく着脱可能なクッションカバーなのだろう。
 さてイタリアダービーである。 今季スタートダッシュに失敗しガスペリーニ監督が更迭され、ラニエリ新監督に代わっても未だ浮上のきっかけすら掴めないインテルに対し好調なユーヴェ。 当然ながら我らが長友の出来も気になるところ。 本来なら長友個人の出来云々を気にせず純粋にイタリアダービーを楽しめればと思っていたのだが、残念ながらそうはならなかった。


 前半のインテルには躍動感があった。 いつものようにマイコンがサイドハーフのようなポジショニングから積極的に攻め上がる。 かたや長友はバランスを意識してか攻め上がりはほとんど封印。 しかしユーヴェはそんな長友のサイドを攻めてきた。 前半、インテルの左サイドはオビと長友とキヴの連携がいまひとつで人数をかけてきた相手に対して数的優位をつくれず、長友も一対一の局面が多くなり相手との距離を詰め切れず、いいようにクロスを入れられる悪循環。 後半は連携もいくぶん改善されディフェンスも安定。 リードされていたこともあって長友も盛んに攻撃参加したものの有効なパスを引き出せずその走りの多くは徒労に終わった。


 現時点での長友の最大の課題はオン・ザ・ボール、つまり自分がボールを保持している時のプレーである。 徐々に良くなりつつはあるもののユーヴェクラスの相手となるとその弱みが露呈する。 パスが来ても出しどころを探し、相手に詰められてはバックパスするシーンが目立った。 長友もそれをわかっているから近くにいる誰かに早くボールを預けて走り出し、自分がトップスピードの時にスペースでボールを受け、そのまま動きながらボールを捌きたいのだが、このゲームではそうした理想のプレーは見られなかった。 ガゼッタがこの日の長友を「大海の中を彷徨っているかのようだった」と酷評したのも無理はない。 
 そんな長友ではあったが、そもそもこのイタリアダービーに日本人がスタメンで出ていること自体が奇跡なのであって、その試合をその場所で観られた僕は果報者以外の何者でもない。 実際に観客席から観て長友が凄い場所でやっていることを改めて実感。 酷評もまた勲章である。 ゲームに関して語ればきりがないが、インテルではやはりカピタン、そしてユーヴェは今季ミランから加入したピルロの中盤での見事なレジスタぶりと、終了間際に投入されきっちりゲームを締めくくった今季限りでチームを去るといわれるデル・ピエーロの老獪さが印象的だった。 足りなかったパズルのピースを得た今季のユーヴェはカンピオナートの大本命とみた。
 ところで観客席。 インテリスタばかりかと思いきや、ユーヴェのゴールシーンの時にかなりの数の隠れユヴェンティーノが立ち上がって雄叫びを上げた。 僕の隣に座っていたスイス人もそのようで、彼にとっては今夜の長友の出来は非常に歓迎すべきものだったようだ。 しきりに僕の方をチラ見して喜んでいる。 マルキージオのゴール直後、上気した顔で「彼の名前はナガトーモ、それともナガトモのどちらが正しいのか?」と極めてどーでもいい質問をぶつけてこられて腹が立った。 そういえば長友をかわして先制点の起点となったクロスを供給したのはユーヴェの右サイドバックのスイス人だった。 今夜はさぞかし旨い酒を飲むのだろう。 畜生めw


 帰路、荒れるインテリスタの群れを想像しつつスタジアムの外に出ると意外にみんなサバサバした感じ。 既に誰もが今季のチームには多くを期待できないと、対照的に好調なチャンピオンズ・リーグにすべてを懸けているのか? 或いはまだまだこれからと「ただの一敗」をまったく意に介していないのか? いずれにせよイタリアダービーがもたらした熱は晩秋のミラノの夜気に急激に溶け込んでいった。
                ちょっとピンぼけ

 
つづく

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2011年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。