//
you're reading...
Uncategorized

Good bye 2011 !

 今年は年の始めに台湾に行き、3月11日には福岡に行こうと羽田の搭乗口で待っていたら震災に遭って取りやめになり、初夏には岩手、そして真夏にふたたび岩手を旅し、晩秋には欧州三都市を巡る旅をした。 小欄の内容もなかば旅日記のようになってしまったが、自分でもいろいろな旅が印象に残った一年だった。
 いつもなら買い付けや検品などでタイやミャンマーに行くのが僕にとっての旅なのだが、今年は期せずして仕事絡みでない旅ばかりだった。 そんななかでも一番強烈な印象を残したのは釜石や大槌、そして陸前高田の風景だった。 それはまさに言語を絶する光景だった。 人間なんていつ死ぬかわからない。 会いたい人には今日にでも会うべきだし、行きたい場所があるなら明日にでも行くべき。 そう思った。 四半世紀ぶりにヨーロッパに行ってみようなんて思ったのも、思えばそれがきっかけだったのだろうと思う。
 この半年間、一枚の写真が常に心の片隅にある。 本来的に招福祈願や厄除祈念のために執り行われる日本各地の祭り。 夏の陸前高田で行われた「うごく七夕まつり」をとらえた一枚の写真には、人間という存在の弱さ儚さの一方で、力強さ、その意志の力というものが同居していた。 うまい言葉が見つからないが(見つかったら書き直します)、日本人って凄いと思う。

 さようなら2011年。 もう二度と来ないでくれ。

 

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

Good bye 2011 !」への2件のフィードバック

  1. >さようなら2011年。 もう二度と来ないでくれ。
     まったくその通りですね。いい言葉だ。文字を持たない民族の特徴として、彼らにとっては時間は直線的には動かないそうです。記録するっていうのは、時間を先に進める作業なんですね。世界に冠たるというか、国民病ともいえる記録魔の日本にはもう2011年は絶対に来ないと思います。そう祈りたいです。

    投稿者: 伊住和心 | 2012年1月6日, 2:49 am

Calender

2011年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。