//
you're reading...
Critique

続・活動的な馬鹿より恐ろしいものはない

 政府の中止要請を無視して強行した外遊が、相手国に利用される結果となった。事前に懸念された通りの展開である。
 鳩山元首相がテヘランを訪問し、イランの核開発問題をめぐって、アフマディネジャド大統領らと会談した。
 イラン側の発表によると、鳩山氏は大統領との会談で、国際原子力機関(IAEA)がイランなどに二重基準的な対応をとっているのは不公平だと語ったという。
 鳩山氏は帰国後、「完全な捏造で、大変遺憾に思っている」などと記者団に語り、イラン側発表を否定した。だが、鳩山氏の訪問がイランの核開発の正当化に利用されたのは否定しようがない。
 イランの核問題は今、欧米諸国が制裁圧力を強める中、イランと関係6か国の協議再開を控えた微妙な時期にある。鳩山氏の外遊が、欧米と協調する日本外交の足を引っ張ったのは、重大な問題だ。
 政府は再三、訪問中止を求めたが、鳩山氏は「議員個人の活動であり、議員の外交努力で国益に資することが十分あり得る」などと反論し、聞き入れなかった。
 しかし、外交の常識として、首相経験者と大統領の会談にそんな言い訳は通用しない。
 藤村官房長官が「個人の立場でも、こういう時期に訪問をしない方がいいと言い続けてきた」と不快感を示したのも当然である。
 鳩山氏には、日本外交を側面支援したいという身勝手な思惑があったのだろう。だが、外交は政府の専管事項であり、議員外交はその補完にとどめるべきだ。
 民主党執行部にも責任の一端がある。党内融和のため、2月下旬、最高顧問の鳩山氏を外交担当に決めたことだ。
 その直後、鳩山氏は訪中し、輿石幹事長ら党訪中団と同じ日に、中国の習近平国家副主席と別個に会談するという異例の「二元議員外交」を行い、党内の調整不足ぶりを露呈した。
 鳩山氏は首相在任中、「トラスト・ミー」といった不見識な言動で、米軍普天間飛行場の移設問題を迷走させ、日米関係を危機に陥らせた張本人だ。こうした危うい首脳外交が、国益を損ねた。
 退任後も、在沖縄海兵隊の抑止力に関する自らの発言を「方便だった」と言い放ち、沖縄の強い怒りを買った。多くの失敗を、もう忘れてしまったのか。
 鳩山氏は、能力的にも性格的にも、外交に関与してはならない政治家だ。そのことを、一日も早く本人が自覚してもらいたい。
(2012年4月10日01時08分 読売新聞)

ソース:鳩山議員外交 危うい理屈で国益を損ねる愚 : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 本当はこのバカについて何も語りたくないのだが、またまた書かざるをえない。
 10日朝刊、主要紙で唯一読売だけが社説で鳩山を叩いた。 度重なる鳩山の愚言や愚行が日本の国益を損ない続けているという現状を看過できなくなったのであろう。 読売主筆、社説子の英断を全面的に支持したい。 バカを放置するのは危険なのだ。
 鳩山由紀夫がまた大愚挙を成し遂げてくれた。 あれほど周囲が、いや日本全土が止めたのに独断専行で強行した時期はずれのイラン訪問。 戦略的キチガイ(アメリカ目線)のアフマディネジャド大統領に先天的キチガイ(世界標準)の鳩山由紀夫がまたいつもの平和ボケ全開の友愛トーク炸裂で国際社会から孤立を深めるイランに利用されるだけ利用されまくって帰国した。
 もっとも当の本人はかつてのジミー・カーターを気取って、元日本国総理大臣が単身で勇躍イランに乗り込んで核兵器開発を進める大統領に直談判、なんとか国際協調路線に転じさせるよう説得、言質のひとつでもとって自らの手柄とし、今年の12月にはストックホルムでノーベル平和ボケ賞の授賞式にでも出席するつもりでいたのだろう。 たぶん帰りの機内では政治家・鳩山由紀夫、また大仕事をやり遂げた充足感で高揚しまくり、頼まれもしないのに持参した色紙に「テヘランより友愛をこめて トラスト・ミー 鳩山由紀夫」などと筆のひとつも走らせながら、したり顔で味もわからぬブランデーなど飲み、ただでさえ逝ってる意識をさらに混濁させていたに違いない。
 ところが成田に着くや否や自分の「IAEAは不公平」発言がイラン国営放送から伝えられたことを知り、批判の集中砲火にさらされた途端、慌てて「報道は捏造」と否定。 ただしこの脱税バカ野郎の説明を聞く限り事実はおそらくイラン国営放送が伝えた通りであろう。
 一夜明けて今日、民主党の自分のグループの会合で「『要らん』ことをやってきたなと言われている」と発言し、失笑を買ったらしいが、この場合失笑ではなく冷笑、或いは嘲笑というのが正しい日本語だろう。
 鳩山由紀夫が動くたびに国益が損なわれる。 そしてこのような人間が約9ヶ月間も総理大臣だったことがあるのである。 その時期は或る意味我が国最大の危機であったと思う。 このような人間に相応しい賞は世界中でだだひとつ、「孔子平和賞」であろう。 バカの受賞に異存はない。
 まずは鳩山由紀夫にGPS発信機をつけて軽井沢の別荘に軟禁すべきだ。 いざとなったら米軍のGPS誘導弾に頼れば良い。
 

活動的な馬鹿より恐ろしいものはない

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2012年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。