//
you're reading...
Critique

覆面の暴力(笑)

 
 小欄には多くのご意見をいただく。不完全な人間が限りある時間と紙幅で書く話だけに、どんなご指摘もありがたい。匿名の声ほど言葉は荒いが、いかに一方的でも、言論による訴えは歓迎だ▼朝日新聞阪神支局が散弾銃で襲われ、記者2人が問答無用で殺傷されて25年になる。脅迫文に「われわれは本気である。すべての朝日社員に死刑を言いわたす」とあった。いきなり戦場に引き出された思いで、負けられぬと誓ったものだ▼同世代の小尻知博記者(享年29)とは家族の年齢もほぼ重なる。父上は昨夏、83歳で旅立った。妻裕子さん(52)はピアノ教師を続け、娘の美樹さん(27)はテレビ局で働く。かたや目出し帽の男は生死も不明、数ある未解決事件の中でも見たい顔の一つだ▼一連の襲撃で彼らが目の敵にしたのは、本紙の論調だった。この国の風土や文化を愛し、歴史のほとんどを誇り、日本語を相棒とする新聞が「反日」のはずもないのだが、ともあれ言論へのテロである▼この四半世紀、インターネットの登場で、表現の自由をめぐる環境は一変した。65歳の憲法21条に守られ、自由を謳歌(おうか)するネット世界。そこで言論テロといえば、大手メディアによる言論「圧殺」も指すらしい。新聞やテレビはすっかり敵役だ▼大手だろうが個人だろうが、異論を許さぬ言説は何も生まない。社会を貧しくする、言葉の浪費である。誰もが発信できる言論空間を守り育てるためにも、形を変えて横行する「覆面の暴力」に用心したい。

ソース:朝日新聞デジタル:天声人語 2012年5月3日(木)

 いつにも増してツッコミどころ満載の天性珍語だが、南京大虐殺をでっち上げ、慰安婦、強制連行、集団自決を捏造し、サンゴに記者自ら「KY」の落書きをしてそれを自作自演のマッチポンプ記事にし、故にその自らの汚名である「KY」を後に「空気が読めない」と珍解釈を流行らせることで国民に忘れさせようと工作し、そしてまた何よりも社員自らが「覆面の暴力」に加担していたことも発覚したあの朝日新聞にしてこの天性珍語。 大型連休中に仕事をさせられてフラストレーションが臨界点に達したようだが、数多の迷文を世に送り出してきたこのコラムの中でも五指に入る見事な出来栄えといえよう。 よくこれを輪転機にかけたものだ。 デスクの英断いや蛮勇に敬意を表したい。
 この国(普通は「我が国」)の風土や文化を毛嫌いし、歴史のほとんどを腐し、日本語を「相棒」とする奇妙な新聞が「反日」でないはずがない。 言うまでもなく日本語は日本人の魂そのものであり、相棒などという他者或いは自分の外部に存在するものではない。 そういうのは日本語を単なるツールとして使う外国人ならではの発想であり、常に中国や朝鮮半島目線で記事を書くこの新聞には或る意味で相応しい。
 そもそも欧米の新聞では当たり前の署名記事が朝日をはじめ日本の新聞は少ない。 この天性珍語も社説同様、朝日の誰が書いたかはたとえ社内においても一部の人間以外は知りようがない。 上に列記したように虚報や捏造を繰り返してきた新聞紙上の誰が書いたかもわからない記事として世に出るのみ。 つまりこれは朝日がいう「覆面の暴力」そのものである。
 

 
 まがりなりにもかつては自分たちが言論を支配していた(その多くは嘘八百を垂れ流しただけだが)という自負があるのだろう。 今のフラットな言論空間においては自らの立ち位置が単なる部分、それも次第に極所に追いやられつつある現状に相当な焦りを感じているのだ。 ただそれをあまりに直截に表明するのは自らの弱みを人に知られるようで恥ずかしい。 そこでお日柄を選び阪神支局襲撃事件に無理やり絡めて書いてはみたものの、この苦し紛れの天性珍語から読み取れるのはやはり築地の人民宮殿から発せられた断末魔の叫びぐらいのものだ。
 それにしてもこのような珍妙な日本語を入試で出題されて何らかの解答を導き出さなければならない学生たちが本当に不憫でならない。 この世はありとあらゆる名文美文で溢れているというのに・・・。

 
押し紙とNIE
民主党カルトへの最後通告
嗚呼、麗しき朝日新聞的世界観
朝日珊瑚事件を語り継ぐサイト

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2012年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。