//
you're reading...
Critique

素粒子砲暴発

 スーパーでレジ待ちの列に並んでいると、僕の後ろでなかなか自分の順番が回って来ない状況に「(チェッカーの人が)なんでこんなに動きが緩慢なんだ」とか「なんでヘルプの店員が来ないのか」とか、よくもまあこんなに思いつくなあと感心するほどありとあらゆる問題点を指摘して、しまいにはそれも尽き果てたのか今度は呪詛の言葉をつぶやいたりするおっさんっていうのがよくいる。 で、僕もさすがに気になって「いったいどんなおっさんなんだろう?」とそのご尊顔をチラ見したりしてみるのだが、ほぼ100%の確率で団塊世代のおっさんである。 なんでもこの世代は自分の思い通りにいかないことに対しては光速でキレる習性があるという。 そういうキレやすいおっさんがたぶん人生の縁(よすが)としてきたのが朝日新聞である。
 で、上に貼った「素粒子」の話。 朝日新聞としては平壤運転なのだろうが、僕みたいな普通の日本人(笑)から見れば気が狂ってる人が書いた文章としか思えないのである。 素粒子とは物質を構成するうえでそれ以上分割できない粒子を指すが、「アカが書きヤクザが配ってバカが読む」朝日新聞の場合は素粒子レベルでおかしなことになってるのだろう。 それこそ単細胞どころの話ではない。
 ご存知の通りロンドン五輪男子サッカーの三位決定戦で日本は韓国に完敗した。 だが失点の原因はいずれもラインコントロールの問題ではないし、韓国大統領の島根県への不法入国は我が国の増税法案可決とは何ら関係がない。 おそらくは「竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想」みたいな驚愕すべき記事を書く人物がこともあろうに主筆を務める朝日新聞の存在に「我が意を得たり」と後押しされてのことだろう。
 また中国、ロシア、韓国さらには北朝鮮(この国名の序列にも朝日新聞的ヒエラルキーが感じられるw)のような反日が国是の周変国を列挙して同盟国のアメリカ並みに仲良くしろと迫る。 最後の一文についてはもはや何を言いたいのかすらさっぱりわからない。
 素粒子は朝日新聞夕刊に連載されている団塊左翼が狂喜しそうな皮肉を混じえた社会風刺コラムだが、これは風刺ですらない単なるバカが書いたポエムに過ぎない。 新聞屋が新聞ではなく新聞紙しかつくれなくなったら我が国の貴重な森林資源の保全のためにも直ちに廃刊すべきである。
 

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2012年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。