//
you're reading...
Jazz It Up !

全電源喪失

 毎夜欠かさず聴いている「JAZZRADIO.com」。 以前登録しておいたアドレスに彼らからメールが届いた。 それによると、猛威を振るったハリケーン「サンディ」の直撃を受けたニューヨークはイーストリバーが氾濫しロウアーマンハッタン全域が浸水。 そこにデータセンターなどのコアインフラを置いている彼らも停電による電源喪失の事態に直面した模様。
 たしかに昨夜(日本時間の10月31日夜)、いつものようにアクセスしてみたがページが開かない。 さして気にも止めず「SHOUTcast Radio」にアクセスしてそちらをずっと聴いていた。 「Radio Assine Mais」がお気に入りだ。
 こちらはタダで聴かせてもらってる身分だからそんなものだが、運営側からすれば配信の停止は死そのものである。 こちらが報道等を通じて時々刻々と伝えられてくるニューヨークの深刻な被害状況に接している間にも彼らは懸命の復旧作業を続けていたらしい。 まるで津波によって全電源喪失の緊急事態に陥った原子力発電所のスタッフのように。
 結局彼らは発電機を用いることで辛うじて配信の再開にこぎつけたようだ。 ただ現在も電力はその発電機頼みの綱渡り状態でいつ配信が止まるかわからないという。 メールは今回の突然の配信停止についての謝罪に加え、引き続き安定的に配信できるように自分たちが懸命の努力を続けていることを理解して欲しいという内容で終わっていた。
 大都市ニューヨークのインフラがこんなにも脆弱なものだったのかと驚くばかりの今回のサンディによる被害。 地下鉄は操業108年目で最大の被害だという。 テロへの備えに加えて自然災害への備えも必要なのはニューヨークにとどまらない。 東京の場合はやはり地震への備えということになるのだろうが、クラウド時代のデータセンターの在り方や保守管理について多くの示唆を与えてくれたであろうサンディの傍若無人ぶりであった。
 それにしてもアメリカ人、アホである。

 
ハリケーンで公共交通が破壊されたNY:ギャラリー « WIRED.jp
NYのデータセンター、ハリケーンとの闘い « WIRED.jp

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2012年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。