//
you're reading...
Critique

キチガイに刃物、山本太郎に怪文書

131103a 10月31日の園遊会で、天皇陛下に手紙を渡した山本太郎議員の行動について、明治時代に天皇に直訴した田中正造になぞらえる向きもある。元衆院議員の田中は1901年、足尾銅山(栃木県)の鉱毒に苦しむ農民を救おうと明治天皇の馬車に走り寄り、その場でとらえられた。
 「田中正造における憲法と天皇」の論文がある熊本大の小松裕教授(日本近代思想史)は、(1)田中は直前に辞職し個人で直訴したが、山本氏は議員の立場を利用した(2)明治天皇には政治権力があったが、今の天皇は象徴で何かできる立場ではない、という点で「同一視できない」とみる。
 山本氏には「公人の立場を考えるべきだった」と指摘しつつ、政府内の批判にも違和感があるという。天皇陛下が出席した4月の主権回復式典を踏まえ、「政府の方こそ利用しようとしており、あれこれ言う資格はない」。
 一方、栃木県の市民大学「田中正造大学」の坂原辰男代表(61)には、環境や住民を顧みず開発を続けた当時の政府と、福島で大きな被害を出しながら原発再稼働を進める現政権が重なる。「善悪の判断は難しいが、正造が生きていたら同じ行動をしたと思う

■批判、公平でない

 山口二郎・北海道大教授(政治学)の話 今の天皇、皇后のお二人は戦後民主主義、平和憲法の守り手と言っていい。しかし主張したいことは市民社会の中で言い合うべきで、天皇の権威に依拠して思いを託そうと政治的な場面に引っ張り出すのは大変危うく、山本議員の行動は軽率だ。一方で、主権回復式典の天皇出席や五輪招致への皇族派遣など、安倍政権自体が皇室を大規模に政治利用してきた中、山本氏だけをたたくのは公平ではない。山本氏も国民が選んだ国会議員であり、「不敬」だから辞めろと言うのは、民主主義の否定だ。

■政治利用と言うには違和感

 明治学院大の原武史教授(政治思想史)は、「今回の行為を政治利用と言ってしまうことには違和感がある。警備の見直しについても議論されるなど大げさになっており、戦前の感覚がまだ残っていると感じる。政治利用というならば、主権回復の日の式典に天皇陛下を出席させたり、IOC総会で皇族に話をさせたりした方がよほど大きな問題だと感じると話した。
 原教授は自身のツイッターで、「山本太郎議員の『直訴』に対する反発の大きさを見ていると、江戸時代以来一貫する、直訴という行為そのものを極端に忌避してきたこの国の政治風土について改めて考えさせられる」ともつぶやいた。

ソース:山本太郎議員の行動、識者の見方は 園遊会で陛下に手紙:朝日新聞デジタル

 冒頭から田中正造の思いを勝手に忖度するアホと朝日新聞の御用「色者」として名高い北海道大学の山口二郎らの戯言を引用させていただいたことをお詫びさせていただく。 人様の人相に文句をつけられるような立場ではないが、ご覧の通り共産党によくいるタイプの典型的なキチガイの顔である。
 マトモな神経の持ち主なら誰しも読んでいるだけで反吐が出そうな記事だが、議員を辞め離縁をし死を覚悟して天皇陛下の車列に走り寄り足尾鉱毒を上奏しようとした田中正造と、議員の立場を悪用して天皇陛下に怪文書を突きつけたバカを同列に語り(極大化)、まったく性質の異なる天皇陛下が出席した主権回復式典やIOC総会への高円宮様の出席を持ちだして「あれがアリならこれもアリ」と論理を飛躍させて問題なしとする(矮小化)手法は、左翼が自己弁護する時に見られる典型的なロジックである。
 山本太郎は陛下に「片手で」付き出した手紙の内容について「子供たちの被曝や原発作業員の問題を陛下に伝えたかった」と語っていたが、後日マスコミに公開した手紙にはそのヒエログラフを彷彿とさせる判読困難な愚筆が踊り、「秘密保護法も通ってしまえば権力者にとって原発事故も含め都合の悪いことは隠されてしまい戦前に逆行している」と秘密保護法についても触れていたことを明かしている。 このうえこれを「政治利用ではない」「マスコミが騒ぐから政治利用になる」と強弁するに至っては狂気の沙汰だ。

 山本太郎参院議員を直撃 問題の手紙の中身を“公開” (東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 そもそも「市民社会」とかいう言葉を使う人間は概ね精神を病んでいる人間だが、使ったのが山口二郎と聞いて安心した。 彼は既に僕の「特定言論人リスト」に入っているからだ。 用法は「特定アジア(中韓朝)」と同じ。 そんな狂授よりも問題なのは朝日新聞である。 いくら「アカが書きヤクザが配ってバカが読む」朝日新聞とはいえ、読者のなかには今回の「山本太郎の天皇陛下への怪文書直訴テロ」を容認できない方々もいる。 今どき朝日を読んでるバカとはいえ当たり前だ。 そんな「まっとうな日本人の心」をたとえナノレベルでさえ持ち合わせた方は朝日新聞のような反日カルト機関紙の購読など即刻やめればいいと思うのだが、そこはさすがに朝日新聞である。 今回も本来なら社説で書きたいところをお抱えの「進歩的知識人」たちに論説を丸投げし、あくまで「自社の立ち位置ではなく公正中立に選ばれた(笑)識者の見解」に転嫁するすることで批判を免れる魂胆だ。 だからこそこうして山本太郎という不世出のバカ議員擁護一色の記事となる。 この世紀の愚挙を当たり前に批判するマトモな識者の意見は不要だ。
131103c 今回の山本太郎の怪文書直訴テロを支持している人間は100%精神を病んでいる人間だと断じていいだろう。 ただアレがバカなのは元気が出るテレビに初めて出た時からわかっていたこと。 人間歳を重ねてもバカは治るもんじゃない。 ところがそのバカに投票したバカが666,684人もいるというのだから東京は魔境だ。 関西人から「トンキン人」呼ばわりされるのも頷ける。 おかげでこの反原発のワンイッシューのバカが議員センセイに成り上がってしまった。 おそらくこのバカの支持層はあの忌まわしい民主党政権を生み出した無党派と呼ばれるバカどもと思われるが、この手合いは山本太郎というバカが犯した事の重大さをまったく理解していないから恐ろしい。
131103b 僕のFacebookにも数少ないが僕を友達のリストに加えてくださっている奇特な方がいる。 そしてそのなかには著名なロックバンドのメンバーの友達を筆頭に反原発・脱原発のスタンスを明確にしている人もいる。 ミュージシャンという職業は斉藤和義みたいに反原発じゃないとイケてないというのが社会通念だろうから反原発・脱原発のスタンスは職能の一部みたいなものだろうし、菅直人のように頭ん中が空っぽで叩けば「カーン」とカン高い音がしそうなプロ市民にしてもそうだろう。 現状では原発の必要性を肯定している僕にしても長い目で見れば原発がない世の中がよっぽどマシだと思っている。 だが、そうした友人たちですら今回の山本太郎の怪文書直訴テロを「シェア」したり賞賛したりした人間は一人もいない。 そのことがこの出来事がいかに常軌を逸していたかを物語っている。
 しかしながらこの事件を扱った記事にFacebookのプラグインを通じてコメントできるようなところを幾つかを覗いてみると、少数派ではあるが山本太郎の愚挙に賛同し賞賛している人の書き込みもあった。 若くて無知なお花畑はともかく、いい歳をしておそらくはそれなりに社会的地位もあり、アイコンに自分の顔写真を堂々と使ったうえに実名で己の無脳を晒す蛮勇は常人には到底理解できないものだが、彼らの主張を見ているともはや最初から「説得不能」なほどに異質な世界観の持ち主であることが伺われた。
 昨年熊野詣でをした際に那智の滝を訪れた。 那智の滝を前にした時、その半年前にこの滝に取りついた「世界的」クライマーのことを思い出さずにはいられなかったが、山本太郎の怪文書直訴事件でまたこのバカなクライマーのことを思い出さずにはいられなかった。 日本人が古代から連綿と受け継いできた神仏や自然に対する畏怖畏敬の念といった無意識下から湧き上がってくる感情というものを失った日本人が増殖している。 或る意味で日本人を最も日本人たらしめてきた不文律を無視し、すべてをフラット化させ白痴化させるこうした人種はもはや「日本人」ですらないのだろう。
 この国では一番大事なことは常に明文化されない。 それは誰もがわかっているから書かれないだけのことだ。 もちろん園遊会の招待状に「天皇陛下に直接手紙を渡してはいけない」ということも書かれていない。 それは園遊会に招かれる人たちがそれなりの知識と教養を身につけた人々であるという前提がある。 無知識無教養ならまだ可愛いものだが、天皇制打倒を掲げる中核派の全面支援を受けている山本太郎は準テロリストといっても差し支えないだろう。 そんなアブないバカを園遊会に送り込んだ参議院事務局(おそらくは自らは死んでも園遊会などには行かない輿石東の差し金だろう。そして未だに宮内庁が直々にこの準テロリストを招いたと勘違いしている輩も多い)も全員切腹ものだが、何よりもこのバカに議員バッジを与え、天皇陛下の御前ににじり寄る機会を与えた666,684人のバカ都民は今すぐ心を入れ替えて皇宮警察の厳重な監視下で皇居清掃の勤労奉仕活動をしろと言いたいところだが、この手合いはいつまでたってもバカだから心を入れ替えるなどまず無理だろう。 自宅ですらゴミ屋敷となっているに違いない。
 バカバカ言って申し訳ないが、僕が自信を持ってバカ呼ばわりできるのは山本太郎と民主党とその支持者ぐらいのもの。 こんなバカや伊豆大島で暴言吐きまくったマジキチ事務所スタッフがあと6年間近く我々の血税でタダメシを食うのである。 とても財政が逼迫?し消費税を上げようとしている国家ができる芸当じゃない。
131103d 

死ねばいいのに。

 
「人を殺したくて自衛隊になってる人もいるんですかね」 山本太郎スタッフが災害派遣の隊員見た後にポツリ、非難轟々 : J-CASTニュース
田中正造神話を粉砕しよう | ログ速

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2013年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。