//
you're reading...
Asian Affair, Critique

大谷昭宏廃棄論

131109c 慰安婦の強制連行があったか、なかったか、わからない段階で、今、日本が元従軍慰安婦の強制連行は「なかった」と言い張ること自体、間違っていると考えます。「あった」という人たちを支えているのは、元慰安婦のおばあさんたちの証言です。一方、「なかった」と主張する人たちは、根拠になるものや証人だっていません。
 それにもかかわらず、「河野談話」まで蒸し返して、口にすることは卑劣ではないでしょうか。
 加害者と被害者の双方を調べて徹底的に取材を行って、初めて正しい報道と言えます。産経新聞の報道は最初から「元慰安婦はデタラメでウソをついている」という意図に基づいているものです。つまり、この記事は、一方的にこうだと主張する記事ですから、強制連行の有無を証明する参考になりません。
 歴史は語られるものと、科学的に検証するものと2つあります。語られる場合は、為政者の都合のいいほうで作られることが多いのです。中国を見ても明らかですが、自分に都合の悪い歴史を変えて語るわけです。
 また、科学的歴史の検証は、いつ、どこで、誰が調べても同じ答え、結論が出てこなければならない。今回の産経の記事は「河野談話」の調査がずさんであるということを示したに過ぎず、強制連行の否定を、科学的に検証したものだとは思えないのです。
 (呉智英氏の章で解説した)吉田清治氏の著書が、ずさんでデタラメなのは確かでした。でっち上げから従軍慰安婦問題は始まっていますが、強制連行の事実がなかったとは言えません。殺人事件で誤認逮捕したからといって、殺人そのものがなくなったわけではないのです。
 10年ほど前、大阪のイベントで元従軍慰安婦の方と会って話をしました。慰安婦の仕事によって、何人もの兵士の相手をさせられて、性的な病気になり、子宮摘出の手術を受けることになってできた傷もあるそうです。恥部をさらして、ここまで明らかにする、このおばあさんがウソをついても何の得もありません。また、そんな人に、お前はウソをついているだろうと言うほど失礼なことはないでしょう。私は、その人の証言を、重く受け止めるべきだと実感しました。
 性暴力は戦争時について回るとはいえ、しかたがなかったことで済ませられるものではない。謝っても、謝っても、謝りきれない戦争犯罪をしたわけですから、どこまでも、素直に認めて詫びるべきです。
 今後の補償については、日韓基本条約の時に決着がついているので、法律を盾にして戦ってもいいと思います。法律を盾にして補償金を支払わないからといっても、謝らないわけではないし、一度支払ったら際限なく続いてしまいます。
 従軍慰安婦の問題に関しては、ひたすら謝り続けないかぎり、日韓の溝は埋まらないのです。

ソース:「韓国慰安婦証言」スクープ!私はこう思う!(5)“強制連行はあった”-ジャーナリスト・大谷昭宏 | アサ芸プラス

 大谷昭宏。 彼もまた後藤謙次、星浩、岸井成格、鳥越俊太郎、田原総一朗そして今は亡き筑紫哲也らと同様、いまだに華夷秩序から抜け出せない反日媚中媚韓の自称ジャーナリストである。 だが彼にジャーナリストとしての矜持は一切ない。 歯もない。
 はっきり言ってこれだけツッコミどころしかない記事は僕の人生で初めて見た。 執筆者の自称ジャーナリストの大谷昭宏は昔からテレビ番組のご意見番として白昼堂々ワケのわからないことを言うことで有名だが、ここにきていよいよ老化により脳幹が腐り始めているのだろう。 もはや手の施しようがないほどの逝きざまである。
 以前にも小欄で書いたが、いわゆる従軍慰安婦の実態が追軍売春婦であったことは歴史的事実であり、当然のことながら軍による強制連行の事実はない。 強制連行の事実がないから証拠があるはずもなく、それゆえ韓国の職業売春婦たちが嘘を吐きまくってはそれを唯一の「証拠」とし泣き喚いてきたのだが、これを真に受けた河野洋平という売国奴がいわゆる「河野談話」を発表したのは日本政治史上最大の汚点である。
 大谷はそんな売春婦の婆さんたちの法螺話を真に受け「強制連行はあったと思う。元慰安婦のおばあさんたちが恥部をさらして、ウソをついて何の得があるのか」と、それがまるで自分の願望であるかのような物言いで断定してみせるが、この婆さんたちはこれをネタに日本政府に謝罪と賠償を要求し続けているのである。 カネが欲しいだけなんである。 そんな衆知の事実にはまったく触れずにタカリババアに過剰なまでに感情移入。 これでジャーナリストとか真性のバカなのか?
 そもそも韓国人の売春婦の婆さんたちの恥などという概念を、そのまま日本人が考える恥の概念と同一視している点で浅慮が過ぎる。 連中は日本にタカるだけタカって実利を得られるなら恥の一つや二つかくことなど何とも思っちゃいないばかりか、むしろ自ら喜んで嘘をでっち上げててまで恥をかくのが常識なのであり、それは韓国人という特殊な生命体のライフワークなのである。
 読売新聞社会部でサツ回りから記者生活を始めたがゆえに元々政治には疎くたいした定見も無いくせに、いっぱしの識者ヅラして昼間の情報番組やワイドショーに出演してはもっともらしい与太話で一席ぶってみたり政治評論の真似事みたいなことをしてみたりするから、真っ昼間っからヒマぶっこいてテレビの前でキラキラネームのガキにおっぱい飲ませてるヤンキーあがりの低脳主婦が感極まって山本太郎に投票したり、学生時代は政治闘争に明け暮れた団塊が追憶の日々に思いを馳せるあまりトチ狂って民主党に投票して日本を破壊しようとしたのだ。
131109b 

床が抜ければいいのに。

 

慰安婦強制連行という虚構
【朝日新聞】秘密保護法案に反対声明!!! 田原総一朗、鳥越俊太郎、大谷昭宏、岸井成格、田勢康弘、金平茂紀、川村晃司、青木理などTVキャスターやジャーナリスト|保守速報

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2013年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。