//
you're reading...
蹴球狂の詩

祝祭の終わりに

140716a ワールドカップ2014年ブラジル大会はドイツの統一後初戴冠で幕を閉じた。 ほとんどの試合が日本時間の深夜1時や4時からの開始とあって寝不足に悩まされた一ヶ月だった。 1時開始の試合はどうにかなっても4時開始の試合はツラい。 終了まで見てしまうとその日の仕事に確実に響くので、グループリーグの試合のなかには泣く泣く切り捨てて翌日の録画放送で観たものもけっこうあった。 それでも決勝トーナメント以降の試合の多くはリアルタイムで観た。
 決勝トーナメントに入ってからは両者拮抗した好試合が目白押しだった。 3点差以上の試合はホスト国ブラジルがドイツとオランダに惨敗した2試合だけというのがなんとも皮肉である。 そんななかで自分にとってのベストゲームは日本時間で7月6日(日)午前5時から行われた準々決勝オランダ対コスタリカになるだろうか。 今大会のオランダは美しいわけでも強いわけでもないのに何故か面白いゲームを演出してくれる。
 序盤からゲームを支配したのはオランダ。 ポゼッションで圧倒しスリートップとスナイデルが何度もコスタリカゴールを脅かす。 一方のコスタリカはほとんど攻撃の形が作れず、GKナバスの再三の好守でオランダの猛攻を凌ぐ展開。 前半はオランダが右MFにカイト、左MFにブリントを置く3-4-3の布陣でピッチをワイドに使ってコスタリカを圧倒的に押し込んだものの得点なく終えた。 それでも後半さらなるオランダの攻勢の前に今大会好調を維持しているコスタリカの5バックといえど決壊するのは時間の問題かと思われた。
140716b                World Cup Tactical Analysis : Netherlands 0–0 Costa Rica (4-3 pens) | Outside of the Boot

 しかし後半に入ると5バックはオランダの攻撃を受け流す緩衝材のように機能し始める。 コスタリカの5バックは専守防衛、守備一辺倒、ドン引きのそれではない。 守備機会では最終ラインに5人が横一線に並ぶ5-4-1だが、攻めに転じると両サイドが一列上がり、中盤の両ウイングが押し出されるように前線に上がる3-4-3に変化する。 高温多湿なブラジルで選手個々のプレイエリアを限定することで体力の消耗を抑え、最終ラインは裏のスペースを衝かれるリスクを冒してなお可能な限り高い位置を保ち続ける。 コスタリカの5人の最終ラインはピッチ上を巨大な白い平行定規のように上下してはオランダをオフサイドの網にかけていく。 その姿はコンベア上を絶え間なく流れてくる凡庸なオレンジの群れの中に僅かに紛れている一等品を選別しているようでもあった。 たまにその選別をかいぐぐった個体があっても背後には特級品しか認めないGKナバスがいて弾き出してくれる。 ごく稀にナバスの手が届かなくてもゴールの枠がそれを許さない。 もし枠に当てることがゴールとなるルールならこの日のスナイデルはハットトリックだった。
 コスタリカは90分で試合を決めにかかってきたオランダの終盤の猛攻を耐え切って延長に突入。 延長後半には逆に足が止まった相手にカウンターから何度か決定的なシーンをつくりだし4度目のアップセットを演じる寸前までいった。 しかしそこまでだった。 最後はファン・ハールが送り出してきたPK戦専用の第三GKという奇策に涙を飲んだ。 攻撃陣にタレントを欠くなかで自分たちの攻めの非力さを認め守備に軸足を置いて忍耐強く戦ってきたチームの、それが限界だった。
AFP 531400953 S SPO WOR SOC BRA BA 120分間を通じてオランダのオフサイドは13(!)を数えた。 主審を務めたウズベキスタンのイルマトフのみならず二人の副審にとっても審判冥利に尽きる試合だったであろう。 今大会で両チーム合わせてオフサイドの数が10を超えたのが4試合あるが、そのうち3つはコスタリカの試合である。 コスタリカは大会を通じて実に41のオフサイドを取った。 思い返せば大会直前の親善試合の日本戦でも5バックで逃げ切りをはかって失敗し逆転負けを喫したコスタリカだったが、彼らはあの試合で表面化したディフェンスの問題を修正して本大会に臨み、死の組と呼ばれたグループDを首位突破して準々決勝まで進出するという大成功を収めた。 一方の日本はあのコスタリカ戦から何を得ただろうか。
 今大会を無敗で終えたのは出場した32カ国中、たった3カ国しかない。 優勝したドイツ、三位のオランダ、そしてコスタリカである。

 
2014 FIFA World Cup™ – Statistics – FIFA.com

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。