//
you're reading...
Odyssey, Run

灼熱のヤンゴンを走ってみた

 約一年半ぶりのミャンマー出張。 いつものようにダウンタウンにホテルを取ろうとしていたら、先方から「ダウンタウンはこのところ交通渋滞が酷いのでこちらで郊外のホテルを取るよ」と連絡があったので任せることにした。 ミャンマーはあいかわらず部屋数の需要の増大に供給が追いつかない状況が続いている。 今回は新たに導入されたeVisaのおかげで御殿山のミャンマー大使館に足を運ぶ必要もなく、ビザ申請もわずか数分で完了。 ますますミャンマーを訪れる観光客は増えそうな気配だ。
 ホテルの場所を確認するとインヤー湖まで歩いて行けそうな距離。 今回はわずか一日のヤンゴン滞在だが、時間が許せば湖の周りを走ってみようと思い立ち、スーツケースにジョギングシューズとウェアを詰め込んだ。 そんなわけでこのところランニングブログ化が著しいが、今回もランニングネタである。


 幸い仕事は早く終わり、一旦ホテルに戻って食事を済ませ、落雷とともに一時間ほど猛威をふるったスコールが止むのを待って湖畔を目指した。 案の定、道のあちこちに大きな水溜りができていて、その上を走るクルマが盛大に水しぶきをあげている。 スコールがいくらか暑気払いにはなったものの、文字通り焼け石に水ですぐにジワジワと暑さが戻ってくる。
150403aスタート地点。 既にヤンゴンから日本のクラッシックカーは完全に姿を消した。 以前のように古いクルマばかりの時は排気ガスも酷くて走ろうなど想像すらしなかったものだが、走っているクルマの年式も新しくなり大気汚染もずいぶん緩和された印象。
150403b湖畔の一部は遊歩道が整備されており、地元の若いカップルの溜まり場となっている。 遠くに見えるヨットは練習中のヤンゴン大学ボート部のもの。 こうして見るとそこそこ大きい湖である。
150403cこういう電光掲示板はまだまだヤンゴンでは珍しい。 それはいいんだけど、これを設置するために歩道の真ん中にぶっとい支柱を立てられると通行人は困ってしまうのである。 日本の中古路線バスは車体の右側に無理やり乗降口を開けられている。
150403dアウン・サン・スー・チー女史の家。 アメリカ大使館の並びにある。 2010年7月に来た時にはまだ家の周囲はすべてバリケード封鎖されており近づくことができないばかりか公衆の面前でその名を口にすることすら憚られたが、同年11月に同氏が軟禁を解かれた際にはこの門の前のみならずユニバーシティー通りにまで民衆が溢れた。 ダンマクの上に掲げられている写真はスー・チー氏の父でビルマ建国の父、アウンサン将軍。
150403eこのあたりは湖というより湿地帯。 2009年5月に泳いでスー・チー邸の敷地に不法侵入したアメリカ人男性はこのもう少し先から「目的地」を目指したと推測される。
150403fセドナホテルはヤンゴンを代表する巨大老舗ホテル。 すぐ隣ではホテルとオフィスビルを擁する複合施設の建設が進行中。
150403g湖畔に佇む観覧車が巨大な水車に見えた。
150403hヤンゴン市内中心部はバイクの乗り入れが禁止されており、そのせいか自転車が増えていた。

 
 今はミャンマーでも一番暑い季節。 だからもうすぐティンジャンという水掛け祭りをやるわけだが、そんな時期のしかも日中に一周10kmのインヤー湖を走ろうなどという酔狂な人間はミャンマーにはいない。 一周走るなかですれ違ったジョガーは白人女性一人だけ。 バス停でバスを待つ人々は不思議そうな視線で僕を見送り、タクシーは走っている僕に「乗れよ!」とクラクションを鳴らし続けた。 とはいえここヤンゴンでも毎年1月にはヤンゴンマラソンが開催されているのである。 もう少し「走る」ということに理解があっても良さそうなものだが・・・。
 コースそのものは、インヤー湖畔をずっと走ることができればもっと良いのだが、その多くがプライベートエリアになっており立入禁止。 どうしてもクルマの多い道の歩道を走ることになる。 歩道は凸凹だしそこらじゅうに穴は開いてるし走りにくいことこのうえない。 一部には歩道すらない箇所もあった。 だからここをジョギングコースとして人様におすすめするまでには至らない。 実際、インヤー湖の周囲を走ろうとする僕に先方はカンドージー湖の周囲を走ることを勧めてくれたものだが、或いはそちらの方がコースや景観の面でも走るのに適しているのかも知れない。 カンドージー湖はダウンタウン北部に位置し、シュエダゴン・パゴダにも近い。 次回はこちらを走ってみよう。

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2015年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。