//
you're reading...
Critique

安保法案狂騒曲

 もう最近は完全にランニングブログになりつつあり政治ネタは極力避けてきたのだが、今回の安保法案の衆院通過の過程で憲政史上最悪の醜態を目の当たりにし、久しぶりに書かざるをえない。
150718b 安保法案の衆院委員会採決で民主党のバカどもがまたやらかしたのはみなさん御存知の通りだ。今どき場末のアングラ劇団でも躊躇いそうな三文芝居をここまで堂々とやってのけることができるメンタリティーはやはり日本人のそれではないのだろう。さすがに民主党内でも今回のプラカード大作戦については「いくらなんでも国会でやるようなものじゃない」といった批判が起きている、などということはまったくなく、むしろ党幹部は「いい画が撮れた」と喜んでいるという。
 正真正銘のバカ集団である。
150718g 当たり前だがそもそも委員会室にはプラカードなど持ち込み禁止である。それを民主のクズどもはプラカードを折り畳み「討議資料」と偽って委員会室に持ち込み、あのような愚挙に及んだのである。しかも平和安全法制特別委員会には属していない議員まで委員会室に動員し、浜田委員長が採決の原稿を読み始めると委員会室全体にまんべんなく散開した民主のチンカス議員どもが一斉にプラカードを掲げ、「強行採決反対!」のシュプレヒコールをあげ、しまいには「反対!反対!」と連呼する有様。寺田学は採決を阻止しようと浜田委員長の背後からスリの常習犯よろしく手慣れた手つきで原稿を盗んだが、委員長は胸ポケットからこともなく予備の原稿を取り出して粛々と採決を進めた。
 もはやただのプロ市民と窃盗犯である。
150718a 採決はちょうど正午過ぎ。NHKはこの採決の瞬間を昼のニュースのなかで生中継し、その間これら民主のクズ集団が委員会室を撮影するカメラに向かってプラカードを掲げ続け、強行採決反対をアピールし続けた。そして、テレビ中継が終わった途端、さっきまでの熱はどこへやら、掲げていたプラカードを床に放り、そそくさと昼飯を食べに行ってしまった。役割を終えてゴミとなり床に捨てられたのは民主のクズどもに支給されている政務調査費がその原資だろう。すなわち我々の血税である。
 この世にはゴミ以下の人間というのが確かに存在するのである。
051718d150718i 強行採決アピールの際にテレビカメラに顔が映るようにポジショニングする議員はクズ中のクズで間違いないが、そのなかでもキング・オブ・クズが辻元清美だった。二階の傍聴席に据えられたカメラの位置を何度も何度も確認し、やおら素っ頓狂な声をあげて委員長に迫り、合掌して委員長を拝み倒し、採決後はなぜか泣き女に変貌しお涙頂戴の猿芝居を繰り広げた。
 前科者であり北朝鮮の工作員であり、それ以前に単なるアホである。
150718f150718h それら民主党のバカどもの正視に堪えない醜態はこのところ連日国会前で繰り広げられている学生デモと完全に一体化していた。NEWS23や報道ステーションが「今回のデモはこれまでのような労組系が主導するデモではなく普通の学生が自発的に行っている点が大きな違いです」とか「デモは日に日に参加者が増えてツイッター情報(笑)によれば主催者発表で6万人に達しました!」と嘘ばっかり撒き散らす。NEWS23スタジオのちょび髭は「60年安保の時に盛り上がりに近づいてきたような気がします」と二度と帰れぬ青春の日々に思いを馳せて自己陶酔。
 さすが赤坂朝鮮中央放送である。

 「20歳の時にリベラルでなければ、情熱が足りない。40歳の時に保守でなければ、知能が足りない」という、チャーチルの言葉として巷に流布された出典不明の名言が喝破したように若者とは本質的に左翼的なのである。若気の至りというやつだ。むしろタチが悪いのはそうした若者に乗っかり、自らの国家転覆という見果てぬ夢を託そうとする老害団塊左翼が幅を利かせる旧態然としたテレビ朝日やTBSなどのマスメディアである。
150718e 今回も特定秘密保護法の時同様、極左活動家の女性を一般市民の街頭インタビューで起用して世論誘導を画策したが、ネットで検証が可能な現代では通用しない手法だということにまだ気づかない。とりわけ団塊左翼は脳の硬直化が著しい年齢に差し掛かっているので致し方ないところではあるが、公共の電波を使ってこうした工作をタレ流されることに普通の国民には嫌悪感しか抱かない。


 この動画は安保法案に賛成の立場の人間が投稿したものだから、デモを行っている彼らを批判的に扱っているが、その点を差し引いても彼らのデモの様子は単純に気持ち悪い。理由などない。個人的には生理的に受けつけられぬ類のものだ。キモい。
 聴衆をもれなく思考停止させる単調なリズム、メッセージ性よりもファッション性重視、アジテートでもプロテストでもないサークル活動。周囲には一般市民がいない国会周辺というある意味閉鎖的な場所で、参加者自らのSNSや取材に訪れた左派系メディア向けに対してだけの拡散目当ての劇場型パフォーマンス。彼らのやっていることは民主党と何ら変わらない。150718k150718c ちなみに今回の安保法案に反対しているのは世界中で中国と韓国だけである。法案の性格上中国が反対するのはある意味当然だが、韓国は日本のやることなすこと全て反対のキチガイ国家だからこれも想定の範囲内。後は国内の左巻きメディアと民主、共産、社民の三馬鹿政党に尊師性活の党と中核太郎と仲間たち、加えて国会前の共産党系学生デモと9cmしごき隊だけである。
 自称経済学者なのに経済だけは頓珍漢な池田信夫氏がなかなか的確な分析をしていた。将来のある学生の皆さんは若気の至りで暴走し、国会前で朝鮮太鼓を打ち鳴らすちんどん屋御一行様に加わる前に是非一読してもらいたいものである。

 挫折した反安保法案デモの「アカシアの雨」 | 池田信夫 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 元東京新聞論説副主幹というリベラルの極みみたいな前職で、時折「朝まで生テレビ」などに出ては左翼的な言説を披瀝してきた長谷川幸洋氏があろうことか「プラカード掲げ隊」と化した民主党のバカどもとマスゴミに三行半を突きつけていた。氏が思想的に転向したとは思わないが、彼なりのバランス感覚が働いたのだろう。民主党のバカどもが今更これを読んでも更正は無理だろうから読む必要はないが、なぜこうした正論が新聞やテレビで堂々と主張されないのか本当に不思議でならない。

 プラカードを掲げるぐらいなら、議員辞職せよ 国民を裏切ったのは政府ではなくお粗末な野党だ | 長谷川幸洋「ニュースの深層」

 最後に安保法案の一刻も早い成立を祈念して筆を置く。
 

特定秘密保護法狂騒曲 | Noisy Majority

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

安保法案狂騒曲」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    毎回記事を楽しく読ませていただいております。

    まさにそのとおりだと思います。
    それに同調される人も愚かであり、
    世論を煽ることしかしない政治家が受かる世の中というのも何とか変えていかないといけないです

    投稿者: zennn | 2015年7月19日, 5:45 am
    • はじめまして。いつも駄文をお読みいただき、そのうえコメントまで頂戴しありがとうございます。
      僕も平和を希求する一国民ですが、バカな野党とマスゴミに扇動された国会前デモは容認しかねます。
      若者についてはあまり批判したくないのです。かつては自分も同じようなものでしたから。でもいくらヒマを持て余してるからといって未だに反政府デモに加わる団塊左翼は罪深い。
      次の選挙のことしか考えてない辻元やマスゴミのいう「民意」など無視して支持率がどれだけ下がろうがやるべきことをやって欲しいと切に願います。

      投稿者: Noisy Majority | 2015年7月19日, 10:29 am

Calender

2015年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。