//
you're reading...
Uncategorized

栗の湯

160125a 栗の湯はうちから歩いて15分ほどのところにある銭湯。今の住まいに越してきてから10年になるが、ここに通うようになったのはつい最近のこと。以前から呑川沿いをジョギングしていて気にはなっていたのだが、最初に行ってみた時に閉まっており往復30分の無駄足を踏んでしまってから久しく足が遠のいていたのだった。この銭湯は不定休で基本的に一週間先までしか営業日が決められておらず、休む日は銭湯入口に貼られているカレンダーに書き込まれるのみ。だからあらかじめカレンダーをチェックしておくか、行く当日の営業時間中に電話してやっているかどうかを確認する必要がある。
 栗の湯は世田谷区内に4軒しかない天然温泉を引いている銭湯のひとつ。以前経堂に住んでいた頃に行ったそしがや温泉21などと同じ典型的な東京の黒湯の温泉だが、早い時間に行くとやや茶褐色である。その他にラジウム鉱石の人工温泉と回転風呂(現在は回っておらず、白湯や薬湯となっている)の三つの湯船がある。サウナもあるが現在は稼働していない。駐車場は4台分のスペースがあり、近隣居住者の利用が中心のため空いていることが多く、前を流れる呑川を挟んで反対側に100円パーキングもあるのでクルマでも来やすいと思う。電車利用なら最寄り駅は東急田園都市線の桜新町から徒歩8分。246沿いのわかりやすいロケーションだ。
 浴室のペンキ絵といえば富士山が定番だが、栗の湯のそれは竜頭の滝のタイル絵。二手に分かれている瀑布がそれぞれ女湯と男湯に注ぎ込んでいる。肝心の温泉は熱めでジャグジーになっており、さすがに体が良く温まる。そんなわけでこのところ駒沢公園や呑川緑道のジョギング後に一風呂浴びている。不定休と営業時間の短さが難点だが訪れる価値はある。

 
栗の湯 (桜新町) 紹介 | せたがや銭湯ガイド

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。