//
you're reading...
Uncategorized

SJCAMで撮影してみた

 以前からウェアラブルカメラが欲しかったのだがGoProは少々お高めなので買えずにいた。ところが中華GoProことSJCAMの評判がわりといいので騙されたと思ってAmazonでポチった。小遣いの少ないジジイの財布にも優しい7,500円(本体のみ)。サイズがGoProとほぼ同じなのでGoPro用のサードパーティ製アクセサリーなどと互換性があるのが利点だ。そんなわけでさっそく試し撮りしてみた。

 
 今回は御殿場で外乗する際に別売りで購入したヘルメット用マウントにSJCAMを取り付けて撮影。防水ハウジングに入れたので音声はほとんど拾えていないが、映像は普通にキレイだと思う(HD画質/全画面でご確認ください)。ヘビーな環境下でなければ標準で付属しているネイキッドフレームを使うことで音声も綺麗に録れる。

 
 SJCAMの映像の色合いについては、GoProと比較して青がやや強調される傾向にあるようだが個人的にはそれほど気にならないレベルだった。中国が撒き散らしているPM2.5が大陸から流れ込んでくるせいで、なかなか綺麗な青空にお目にかかれなくなった昨今ではむしろ有り難いぐらい。中国人も同じように考えてPanasonic製のCMOSセンサーをイジったのだろう(笑)。
 その他にもドライブレコーダー機能やタイムラプス撮影、動体検知録画などなかなか多機能で、これらをすべて使いこなすようになるのはかなりの時間がかかりそうな気がするが、カメラ本体と別売アクセサリーセット、SDカードと予備のバッテリーまで購入しても総額1万円ちょっと。いつの間にか一家に一台ウェアラブルカメラの時代が確実に到来していたのだった。

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。