//
you're reading...
Uncategorized

気になる記事

160928a 気になる記事を目にした。

 
 信号のない場所で横断歩道を渡ろうとする歩行者がいても、9割以上の車が一時停止していないことが26日、日本自動車連盟(JAF)が公表した自動車運転に関する全国調査の結果でわかった。大部分のドライバーが歩行者優先のルールを守らず、道路交通法に違反する行為が横行している実態が明らかになった。
 調査は8月15日〜9月1日、全国47都道府県の計94カ所で実施。平日午前10時〜午後4時の間に、片側1車線の道路上に信号機が設置されていない横断歩道でJAF職員が横断を試みた。この結果、通過した乗用車と自家用トラックの計1万26台のうち、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止したのは757台と全体の7.6%のみ。調査した94カ所のうち48カ所では、止まった車が5%未満だった。
 道交法は、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる際、横断歩道の直前で車を一時停止させ、通行を妨げないよう義務付けている。違反者には3カ月以下の懲役か5万円以下の罰金が科される。現実には取り締まりはほとんどなく、歩行者が車に道を譲ることで事故を防いでいる状態だ。全日本交通安全協会の幹部は「横断するのが子どもやお年寄りでも車はほとんど止まらないだろう。警察官が張りついて取り締まるのは難しく、運転者の良識に任せざるを得ない面がある」と、お手上げ気味。JAFの担当者は「運転免許取得時に必ず習うはずなのに忘れてしまうのか、道交法違反の認識がない可能性がある。今後のキャンペーンで啓発活動に取り組みたい」と話した。
 JAFは今回の調査に先立ち、6月にインターネットで全国アンケートを実施。「信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしているのに、一時停止しない車が多いと思う」との回答が86%に上っていたことから、初の実態調査に乗り出した。【鳴海崇】

ソース: JAF調査:横断歩道に歩行者 「止まらない」車9割 – 毎日新聞

 通勤や仕事で毎日のようにクルマを転がしている自分としても耳に痛い記事である。事実、自分も数年前まで信号のない横断歩道ではほとんどと言っていいほど停まらないドライバーだった。だが今では極力停まるように心がけている。それでもまだ100%停まれているわけではない。先行車の陰で歩行者の存在に気がつくのが遅れた時や夜間で歩行者を視認するのが遅れた時などは急ブレーキを踏んで停まることになりかねず、そうした安全に停まることが難しい時にはそのまま通過している。後続車が車間距離を詰めて続いている時や、横断歩道の前で停車した僕のクルマを追い越しかねないドライバーが後ろを走っていると判断した場合も同様だ。
 僕がそうした模範的かつ当たり前に過ぎないマナーを手に入れたのは英国を旅行で訪れてからのこと。とにかくロンドンのドライバーは歩行者優先の意識が徹底している印象だった。信号のない横断歩道でもゼブラ・クロッシングという歩行者優先表示があったりするのでドライバーは常に歩行者の存在を意識して運転している。日本でも交通量の多い都市部などでは是非取り入れて欲しいシステムである。
 ちなみにビートルズのレコードジャケットで有名なアビーロードの横断歩道もゼブラ・クロッシングになっており、横断歩道の両側に歩行者優先を示す白黒のポールと大きな黄色の点滅電球がある。かなりの交通量だが、東京のように渡ろうとする歩行者がずっと足止めを食っているような光景にはまずお目にかかれない。

 Abbey Road Crossing Cam Live Feed

 さすがは自動車先進国である。そんなわけで帰国以来今日まで信号のない横断歩道に歩行者がいれば必ず停まるドライバーでありたいと思い、ひたすら実践している。時には後続車のドライバーからクラクションを浴びせられることもある。せっかく停まったのに歩行者から道を譲られることもある。それでも停まると決めたら停まるのだ。
 翻って自分が歩行者の立場になった時、やはり信号のない横断歩道を渡るのはなかなか大変だ。ほとんどのドライバーは本来停止しなければならない状況であるにも関わらずビュンビュン走り抜けていく。むしろこれがタイやミャンマーなら現地人よろしく行き交うクルマの間隙を縫ってさっさと渡ってしまえるのだが、それはそれで歩行者とドライバーの間にそうしたコンセンサスが存在しているから可能なのである。もし同じことを日本でやった場合、運が悪けりゃあの世行きで、そうでなくても急ブレーキを踏まれて怒号を浴びせられるのがオチだ。だから停まってくれたドライバーには軽く会釈して渡る。ちょっと嬉しかったりするのだ。
 もしもいま話題の自動運転が主流のクルマ社会になった時には当然歩行者を検知してクルマは停まるようになるのだろう。人間が運転していたころには誰も停まってはくれなかったから良かったね、では悲しい。
 ちなみに僕が行った国で英国と真逆だったのが中国。上海では青信号で横断歩道を渡っていて何度クルマに轢かれかけたことか・・・。

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2016年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。