//
you're reading...
Alternative

診療報告 その4

 前回からちょうど一週間後に3回目の診療を受けた。だがそれから数日間症状は一進一退だった。股関節の違和感や鈍い痛みは相変わらずで、それが好転反応なのか治療の停滞を意味するのかはわからなかった。ただ感覚的に股関節の症状がここ半年の間苦しんできた状態とは違い、明らかな改善があるのは間違いなかったので、一応今回の治療の一区切りだと考えている4回目の施術を受けるまでのあいだ経過観察することにした。
 先生からは実際に歩いて何処が痛むかを教えるように言われていたので休みの日に思い切って5kmほどジョギングしてみた。治療を始めてからというもの走ることはおろか歩くことも極力控えていたのはせっかくの治療に悪影響が出ることを恐れたからだった。
 すると不思議なことに、これまでの半年間ジョギング後は必ず出ていた股関節の痛みがこの日はなかった。走ったことで股関節周辺の筋肉がほぐれたのだろうか。違和感は相変わらずだが疼痛はかなり軽減された。
 そしてこの日を境に状況は好転した。或いはそれを実感できるようになった。先生は3回目の施術の前に診察台に座らせた僕の体を後ろから見て「これは靭帯が弱ってるのかも知れないなあ」みたいなことを言ってから施術し(約1分間)、終わった後に「たぶんこれで大丈夫でしょう」と言っていたのだが、それが今になって効いてきたのだろうか。
 ここまで3回の施術を受けてきたわけだが、この治療の困るところは治療行為が一瞬で終わる為に物理的な満足感がまったくないことと、僕の場合二回目以降はその効果(結果)が直ちに感じられにくかったことにある。一回目の施術の後に感じた明らかな変化は二回目以降のそれにはあまり感じられないのである。おそらく症状が徐々に改善していくなかでその変化を感じにくくなっているのだろう。
 結果的に4回目の施術を目前にして僕の症状はかなり改善した。ここにきて日々股関節が正常な状態に戻っていっている確かな感覚がある。半年以上まったく良くならず苦しんだだけにその変化も遅々としたものだが、今は治療を受けて良かったと思っている。 (つづく)

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。