//
you're reading...
Alternative

診療報告 その6

 これまで5回の施術を受けてきたが、バランスが改善されることで右股関節周囲の痛みはだいぶ治まってきた。広範囲に及んでいた痛みが一箇所に収斂し、かえって本当に悪い箇所が顕在化した格好だ。痛みは大腿骨がはまっている箇所だけとなった。一方で関節が引っかかるような症状がある右膝に関してはあまり状況が好転しない。3回目あたりから股関節に絞って施術をお願いしているせいもあるとは思うがあまり良くはなっていない。
 事ここに至って自分の症状がなかなか深刻であることがようやく認識されてきたものの、6回目の施術を受けてみた。なにしろ施術直後は痛みもかなり軽減されて楽になるのは間違いないからである。先生は「股関節の当たり具合を調節するから。これができるのは自分だけだから大事に(股関節を)使ってね」と言いながら施術してくれたが、2週間後にはまた5回目の施術後の状態に戻ってしまった。
 人間が感じる痛みというのも様々だろうが、身体のバランスが壊れて生じる痛みと、骨折や筋肉、軟骨の断裂や損傷などメカニズムが物理的に破損していて生じる痛みの二種類に大別できるだろう。僕の場合は後者なのだろうと思われる。そしてこの診療所の施術では後者の痛みの根治は不可能であり、痛みを軽減させるような対症療法にならざるをえない。
 間違っているかも知れないが、この先生の施術はおそらくオステオパシーと呼ばれるものだと思われる。残念ながら最終的に僕の症状を改善するには至らなかったが、それでも決して安くはない費用を払いながら6回通院させる「何か」があったのもまた事実だ。
 今後はいよいよ外科的な治療へと方針転換することになる。通っていた整形外科にとある股関節の名医への紹介状を書いてもらい診察を申し込んだが、診てもらえるのは来年3月とのこと。それまで運動は控えて安静にしているしかない。

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

診療報告 その6」への2件のフィードバック

  1. お大事に!

    投稿者: yuk@miku | 2016年12月12日, 5:35 pm

Calender

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。