//
you're reading...
Critique

印象操作の果てにあるもの

 詐欺師の籠池一家にマスコミが乗っかって大騒ぎした「森友問題」は事実上収束した。その根っこの部分に同和問題というテレビが忌避する要素が横たわっている以上、そもそも真相になど迫れるわけもない。詐欺師籠池の法螺話に乗っかるだけ乗っかって首相の関与をこじつけて政権の炎上を試みたが老人や主婦などのB層とバカ左翼が騙されただけだった。
 「加計問題」も同様だ。文科省から内閣府に出向中の元部下が記憶も曖昧ななかで作成した「省内連絡メモ」を根拠に愛媛県今治市での獣医学部設置認可の過程で「行政が歪められた」と主張する元文科事務次官の前川氏。しかしながら関係者でそう主張しているのはご本人ただ一人。官邸も内閣府も文科省も国家戦略特区諮問会議のメンバーもそのプロセスに「総理のご意向」など入る余地などなかったと完全否定している。
 決定過程において最も重要となるのが特区諮問会議の議事録であり、これは公開されており誰でも閲覧することができる。しかしながらマスコミはこの「オフィシャルな」議事録を渉猟することなく、天下り斡旋問題で引責辞任させられた元事務次官が官邸への私怨で民進党の玉木雄一郎にリークし、玉木から朝日新聞に提供されたこの省内連絡メモというスジの悪い「証拠」の方がネタとして面白いからというそれだけの理由でマトモな検証報道などほとんど成されないまま政権叩きに利用した。ちなみに玉木雄一郎は親兄弟も獣医師で獣医師連盟から100万円の献金も受けている。岩盤規制を死守する圧力団体と化していた獣医師連盟の意を受けて加計学園の獣医学部設置認可にアヤをつけようと追及の急先鋒として必死に頑張っていたが、くだんの献金の事実がネットに流れ始めた時期から急にお隠れになった(笑)。ちなみに獣医師連盟は玉木雄一郎の他に福山哲郎こと陳哲郎と芝博一にも100万円の献金を渡しているが、産経新聞を除いてまったく報じられていない。

朝日新聞、「総理からの指示に見えるのではないか」は都合が悪いから影で隠す作戦をとっていた | netgeek

 マスコミにはロッキード事件をはじめ数々の疑獄事件を暴いてきた成功体験がある。その裏には足で稼ぐ地道な調査報道があったはずだ。報道の歴史に残るスクープで評価を上げた新聞社やテレビ局、勇名を馳せた記者もいただろう。だがもう時代が違うのだ。政治家は権力をかさに私腹を肥やさないし(小沢一郎を除く)、年に一度開催されるG20と欧州諸国訪問で分刻みのスケジュールのなか九州の豪雨災害で予定していた訪問をキャンセルし帰国したその足で被災地の避難所を訪れ、床に膝をついて人々に言葉をかける。もはやマスコミが戦っているのは彼ら自身が妄想と願望で生み出した存在しない巨悪である。
 かたや世界に目を転じれば現実に巨悪はいくらでも幅を利かせている。そんなことは自明のことであるはずだが、彼らの視線が世界に向けられることはほとんどない。日本のメディアがガラパゴス化していると言われる所以だ。これはかつて自分の国の製造業を「国際化の波に乗り遅れている」と叱咤してきた彼らこそが、今や最もグローバルな報道の世界の中で取り残されているからに他ならない。BBCやCNN、アルジャジーラに伍するメディアがこの国に生まれる可能性はゼロだ。新聞やテレビの報道を7割の国民が信じて疑わないという異常なぬるま湯の中で促成栽培されてきた東京新聞の望月衣塑子のような低脳記者が報道の第一線にいる限りこうした状況は永遠に変わらない。前時代の成功体験や「権力の監視」という美名に酔い、事実そっちのけでいたずらに無用な政権批判を繰り返し無知蒙昧な国民を煽動する。これが日本のジャーナリズム「らしきもの」の悲しき現実である。

 日課として夜は放送時間に準じて在京キー局のニュースをチェックしている。午後9時のNHKニュースウォッチ9は一見公正中立を装ってはいるがその実かなり偏向しているのでアテにはならない。10時台の報道ステーションについて多くを語る必要はないだろう。かつて椿事件を引き起こしたテレビ朝日の体質はまったく変わっていない。日本テレビの11時台のニュースZEROは偏向は少ないものの安定感に欠ける日和見主義報道だ。ニュース23は筑紫哲也の頃から反日一直線なのである意味わかりやすい。
 こうした各局のニュース番組とやや違った趣きなのがフジテレビのユアタイム。出演者のコメントも他局のニュースのように「事実よりもまず社是ありき」ではなくユルい感じである。このあたりは他局の報道番組が一通り終わった午後11時半以降に始まるというこのニュースショーの特徴なのかも知れないが、他局の報道が出揃ったところでオルタナティブな視点を提示することを意識しているのだろう。ベタ記事的なニュース報道はそこそこに、自分たちが気になるニュースや特定のテーマを深掘りする。視聴者は既に他局のニュース番組を見ていることが前提で、ユアタイムはある意味補完的なニュース番組でいいという割り切りがなんとも潔い。特定の政治スタンスのゴリ押しなどとも無縁だ。
 先日そんなユアタイムで興味深いシーンがあった。くだんの閉会中審査で前川元文科事務次官が参考人招致された日の夜のオンエア。「メインパートナー」の市川紗椰は、加計問題について前川氏と同様に参考人として呼ばれていた加戸前愛媛県知事の答弁が腑に落ちたようであり、昼間に生中継で国会を見ていた僕もまったく同じように感じていたので彼女の言葉に共感を覚えた。

 ところがこの加戸前知事の答弁をNHKをはじめ主要なメディアのニュースは黙殺するか小さな扱いにとどめた。同氏の発言内容は加計問題を解き明かすために極めて重要な経緯や示唆に富んでいたが、それは前川前事務次官が主張する「行政が歪められた」とは真逆のものであり、加戸氏は「(加計学園の獣医学部新設によって)歪められた行政が正された」と主張したのである。

加戸守行の重大証言を報じなかった5つの大罪メディア | netgeek
加計問題、なぜか報道されない「当事者」前愛媛県知事の発言全容 : J-CASTニュース

 安倍政権打倒を目論むメディアにとってこれは不都合以外の何物でもないが、これまでは前川氏の主張にどのような反論をしても「身内からの援護射撃」としか見做されなかった政権側としては、別の当事者が第三者の立場からからこの問題への見解を語ったこの日の加戸氏の答弁の重要性は決して小さくないものだった。

 市川のコメントに続く同番組の「ニュースコンシェルジュ」のモーリー・ロバートソンの発言は、以前からこの一連のマスコミ報道について彼が語っていた内容とほぼ同じだが、ニュースを伝えるメディア側の人間が生放送で「メディアが敗者になる」と言い放ったことはネットの世界で少なからず反響を呼んだ。

相次ぐ茶番の“見せ物報道”――メディアが見放されるタイムリミットは刻一刻と近づいている – 政治・経済 – ニュース|週プレNEWS

 それでもまだメディアは安倍首相が何度も繰り返した「印象操作」を続けている。首相の言葉は国会での野党の質問に向けられたものだったが、テレビの世界では古典的な手法である。
 TBSのひるおびは毎日毎日その日の分だけわかればそれで事足りる天気予報を時には1時間以上かけてやったり、局内が朝鮮半島勢力に乗っ取られているせいかお茶の間がまったく興味のない北朝鮮情勢を毎日毎日執拗にやることで知られる異常な番組だが、政治的な偏向も突出している。常に伊藤惇夫や大谷昭宏、岸井成格ら反安倍政権のジャーナリストを並べて一方的な主張ばかり展開し、そこに室井佑月や立川志らくのような馬鹿女や低脳の噺家を加えて「国民の声」を代弁させるという印象操作番組であることはボケ老人や低脳主婦やバカ左翼でなければ誰でも気づくことだが、前述した閉会中審査から3日後のスタジオを支配していたのは異常としか思えない空気だった。
 ひるおびのレギュラー陣の中では唯一マトモな感覚の持ち主である八代英輝氏が何とか正気を保とうと孤軍奮闘していたが、やがてスタジオの澱んだ空気に抗しきることが困難となり、最後は白旗を上げていた。

 レギュラー陣の中で唯一ツイッターのアカウントを持っている立川志らくは自分がスタジオにいなかった前日の様子をテレビか動画で見たのだろう。いつもは伊藤惇夫や大谷昭宏の安倍叩きの尻馬に乗っているか、そうでない時はこれでよく高座がつとまるものだと心配になるぐらい面白くない話を披露するだけしか能がないのに、この日はタチの悪いクスリでもやったのか唐突なメディア批判と視聴者批判を始めた。これまで印象操作に加担してきた張本人に突然こんなことを言われても片腹痛い。突然マトモな意見を言ったことでかえって視聴者の反感を買ったのかツイッターではだいぶ絡まれてご立腹、軽い発狂状態にあるようだ。泉下の談志も泣いている。

 タレントでいち早くメディアの一連の報道に疑問を表明したのはロザン宇治原だったが、八代にしても志らくにしても宇治原にしてもメディア批判を開始する前にいちいち「安倍政権を支持しているわけじゃないが」とか「擁護するわけじゃない」とかエクスキューズしてからでないと発言しづらい空気が充満してるスタジオというのはどんな世界なのだろう。そこに普通の日本人はいるのだろうか。

 トランプが言うようにフェイクニュース全盛の今日である。メディアは憲法改正の具体的なスケジュールを口にした安倍首相を退陣に追い込むべく活動的なバカ左翼と無知蒙昧な国民を意のままに操り、政権支持率の低落を目論む。その先にあるのはいつか見た地獄だ。

 

女性の内閣支持率が落ちたのはワイドショーの刷り込みのおかげ?民進党・江田代表代行の発言が物議 | BuzzNews.JP
フジテレビ『バイキング』好調の裏でTBS『ひるおび!』低迷 室井佑月や志らくに酷評|ニフティニュース

広告

Noisy Majority について

思うところを書く。

ディスカッション

コメントは受け付けていません。

Calender

2017年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。