//
archive

Run

このカテゴリーには28件の投稿が含まれています

障害報告

160904a 昨年12月の湘南国際マラソンの少し前、右膝に小さな違和感を覚えたのが最初だった。幸いレース中はそれほど気にならずに走ることができて自己ベスト更新。レース後も特になんともなく、一週間後に練習を再開したら右膝に違和感ではなくはっきりとした痛みを感じた。最初は近所の行きつけの接骨院に通ったものの症状が一向に改善しないので、今度は膝専門の整形外科を探して通院することにした。
続きを読む

広告

第8回ハセツネ30K

160407a 昨年12月の湘南国際マラソンで痛めた右膝が完治しないままとうとうハセツネ30Kの日を迎えてしまった。およそ2ヶ月前のエントリー時にはまさか4月のこの日まで膝が治っていないなどとは夢にも思っていなかったが、こちらの思いとは関係なく月日はめぐる。先月の横浜マラソンは高いエントリーフィーをドブに捨てるのが嫌で無理やり走ったが、ハセツネ30Kは来年こそコンディションを整えて出走するための試走という位置づけで走ることにした。それでも走るからには「あわよくばサブ5」というのがなかったと言えば嘘になる。このレースで男子総合1000位以内に入れば毎年秋に行われるハセツネCUP(71.5km)の優先出走権が得られるのだが、それには概ね5時間を切るぐらいの走力が求められるからだ。
続きを読む

ハセツネ30K試走

160328a 2014年、2015年と二年連続でハセツネ30Kに出場している友人に案内してもらってコースを試走してきた。本番一週間前ということもあり、通しで走ったら潰れてしまうので最後半の10kmの区間のみ走ることにした。
続きを読む

横浜マラソン2016

160316a 今年も例年通り東京マラソンに落選した腹いせに横浜マラソンに申し込んだら二年連続で当選した。 続きを読む

第10回 湘南国際マラソン

151209a 三度目のフルマラソンである。およそ一年前、初のフルマラソンとなったつくばの時から当面の目標としてサブ4を目指して走ってきたが、つくばでは25kmでふくらはぎが攣って玉砕し、今年3月の横浜では35kmでやはりふくらはぎが攣って失速。ともにサブ4を逃していた。だからこそ今回はこれまでのような練習に加え、夏と秋に25kmのトレイルランのレースを二本走って地道に脚をつくってきた。
続きを読む

小淵沢外乗伴走

151110a 清里から八ヶ岳高原ラインを走ること20分で小淵沢に着いた。八ヶ岳を訪れたのはずいぶん久しぶりのことで、清里と小淵沢が隣接するエリアだということも忘れていた。
続きを読む

清泉寮トレイル試走

 一日休みをとって八ヶ岳に行くことを友人に話したら、うち二人から清里の清泉寮を勧められたと妻。最近旅先でも必ず走っている僕としてはホテルの近くにジョギングコースがあったりすればなお理想的。 続きを読む

第2回 扇山~百蔵山トレイルラン

スタート/フィニッシュは桂川ウェルネスパーク

スタート/フィニッシュは桂川ウェルネスパーク

 12月の湘南国際マラソンの練習の一貫で11月1日の第2回扇山~百蔵山トレイルランにエントリーした。昨年の第1回は「秀麗富嶽十二景 扇山~百蔵山トレイルラン」だったのだが、今年は「大月桃太郎伝説 扇山~百蔵山トレイルラン」である。日本全国に桃太郎ゆかりの地は数あれど大月というのは初耳である。
続きを読む

trekkinnでHydrapakのパーツを購入してみた

151017a 多摩川源流トレイルランのスタート直後に壊れたハイドレーション。どうにか応急処置してレースを終えたものの、すっかりそのことを忘れていて、先日の富士山麓トレイルランの前夜に装備チェックしていた時に水漏れがどうしても止められず、結局翌日のレースは登山用に使っていたでっかいハイドレーションを背負うことになってしまった。
続きを読む

第9回 富士山麓トレイルラン

 10月3日、山梨県富士河口湖町で開催された第9回富士山麓トレイルランに出場。この日が実戦デビューとなる弟にちょうどいいレースはないか探していた時に見つけたレース。首都圏からの近さ、ロング18kmとショート9.5kmという二種類の距離設定、比較的攻略が容易な累積標高、そしてなにより気持ちの良さそうなトレイル。こうした諸条件が希望と見事に合致したのだった。
151005b 続きを読む

Calender

2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

安藤忠雄展
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。