//
archive

キムコ

このタグは2件の投稿と関連付けられています

引退勧告

 グループリーグが終わった時、ガーナを除くアフリカの国が地の利を生かせず敗退していった一方で、南米勢はすべての国が決勝トーナメントに進出していた。
 一般のサッカーファンみならず多くの評論家は「今大会は南米の大会になる」という見解を表明していたものだが、僕は南米勢はやがて失速すると考えていた。 メッシ頼みのアルゼンチンよりも敗れたメキシコのサッカーの方が素晴らしかったし、ブラジルの勝ち上がり方はフランスに敗れた2006年ドイツ大会のそれと酷似していた。
 ワールドカップにはいくつか法則めいたものがあり、優勝するようなチームはグループリーグから徐々に調子を上げて最後にピークを持っていくもの。 結果、南米勢でベスト4に残ったのはウルグアイのみであり、そのウルグアイも優勝するほどのポテンシャルは持ち合わせてはおらず、残りはドイツ、オランダ、スペインの欧州勢が占めた。
 スペインは最初のスイス戦で敗れはしたが、そこで自分たちが勝ち上がっていくために必要な何かをつかんだのだろう。 これまでのワールドカップでは何かをつかんだと同時にその舞台から去っていったが今回は違う。 グループリーグの残り2試合をうまくやれば決勝トーナメントに進める。 過去ワールドカップでは辛酸を嘗めさせられてきたスペインだが、あの初戦でのつまづきが逆に勝利への渇望を強めたはずだ。
続きを読む

頭が無回転な蹴球評論家たち


 ワールドカップでの日本代表についてここでは完全にスルーしていた。 開幕直前までの不甲斐ない戦いの連続には正直何も感じなかったし、事実そう書いた。 そこまで書いた手前引っ込みがつかなくなったこともあり、予想外の日本代表の快進撃については別館の方で試合ごとに書いた。
 その強さは、カメルーン戦ではまだ懐疑的だったが、オランダ戦で確信に変わり、デンマーク戦で結実した。 選手たちが試合を重ねるごとにそのやり方に慣れ、自信を深めたからだろうと思う。 ただ個人的には快勝したデンマーク戦よりもオランダ戦の前半の出来が最も良かったように思う。
 パラグアイ戦はやや硬直した試合になったが、両チームとも「勝ちたい」という思いよりも「負けたくない」という意識が勝るノックアウトステージならでは。 おそらく日本とパラグアイのサポーターを除けば退屈極まりない試合だったかも知れない。
続きを読む

Calender

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。