//
archive

セキセイインコ

このタグは5件の投稿と関連付けられています

さようならたまちゃん

お気に入りのノートパソコンの上で 暖をとるたまちゃん (2011年2月11日撮影)

お気に入りのノートパソコンの上で 暖をとるたまちゃん (2011年2月11日撮影)

 3月30日、13年半もの年月をともにしてきたセキセイインコのたまちゃんことたま吉が僕たちの元を旅立っていった。

続きを読む

たまちゃん近況報告

151227a 久しぶりにたまちゃんの近況報告。今年の夏に13歳になりました。人間でいうと50代ぐらいだそうです。僕も50絡みなのでよくわかるのですが、この歳になると身体にも若い頃にはなかった変化が起こるものです。それはセキセイインコにしても同じらしく、たまちゃんも右目が白内障になって視力が落ちたり、右の羽根がうまく動かせなくなって飛べなくなったり・・・。
続きを読む

たま吉10歳(推定)になる

 たまちゃんことセキセイインコのたま吉が10歳になった。
続きを読む

3・11のその後

 地震の時は羽田空港にいた。 搭乗予定の便のゲートの待合室には大勢の人がいた。 揺れはもちろん大きかった。 長い揺れがおさまって窓の外を見ると空港に隣接するビルから黒煙が上がっていた。 間もなくNHKのニュース映像に切り替わったモニターに次々映しだされる映像が、この地震が言語を絶する規模のものであったことを伝えた。 目の前で黒煙を上げているビルもニュース画面に映し出された。 そして津波に呑み込まれていく田園地帯を空撮で捉えた映像を誰もがただ無言で眺めていた。 誰もが発する言葉すら失っていた。
続きを読む

たまちゃん元気です

 2010年はたま吉にとって病との闘いに明け暮れた一年であった。
 昨年秋の民主党政権誕生以降、体調を崩すことが極端に多くなったたま吉。 やはり何か不吉な気配を感じ、それが微妙に体調にも影響するのだろう。 今年は一年で4度の入院を余儀なくされた。 8歳という高齢に加えて肝機能に若干の衰えがあり、それが脚にきてびっこをひくようになってしまった。 最初は痛々しかったが、最近はびっこをひくことにも慣れた様子である。
 左脚が不自由になったので、ゲージの止まり木の位置や餌などを入れる容器の位置を変えたりしてたま吉の負担を少なくするようにしている。 とはいえ、それまでは左脚でやっていた体の左半分の毛づくろいができなくなってしまったり、止まり木から止まり木に飛び移る時のジャンプ力が半減したりと、見ていて辛そうだ。 時に手を貸したりしてあげたりもするのだが、やりすぎてもウザがられる(笑)。 最近は僕が毎朝あげるリンゴを食べるのが一番の楽しみみたいで、先に僕が食べているとピーピー鳴いて「早くよこせ」と急かす。 
 たま吉はインコではあるが、正邪を見分けることができる分だけ民主党を支持した愚民どもよりはずいぶんマトモだ。 だが、このまま民主党政権が続くようだとたま吉の体調も良くはならないだろう。 百害あって一利なしの民主党政権。 願わくば日本が破壊され尽くす前に消えて欲しいものである。

Calender

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。