//
archive

乗馬

このタグは3件の投稿と関連付けられています

欧州蹴球競馬旅 Episode 13 倫敦彷徨

 最終日。 昨夜ウェイトローズで買ったレディ・ミールの朝食。 パッケージを見るととても美味しそうなんだけど、そこはさすがイギリスということで、見事にそれほどでもない。 とはいえタイ料理やインド料理などエイジアン・フードから素朴なコーニッシュ・パスティ(コーンウォール地方の鉱夫が食べたパイ)までありとあらゆるものが豊富に店頭に並んでいる姿は壮観の一語。 見ているだけでお腹いっぱい。 レディ・ミールの総カロリー量の少なくとも10%はそのパッケージに由来している。 たぶん。
続きを読む

広告

雪の富士へ

 先日、富士山の麓に足を伸ばした。 目的は乗馬と食事。 しかしながら直前に大雪が降ったので騎乗できるかどうか不安もあり、当日の朝に乗馬クラブに電話を入れてみたところ「問題ない」とのことだった。
 用賀から東名で富士I.Cへ。 そこから西富士道路を30分ほど北上する。 道路こそ除雪されてノーマルタイヤで何ら問題ないものの、辺り一面は白銀の世界。 こんな状況で乗馬などできるのだろうか? 馬場は除雪ぐらいされているのだろうけどぬかるんだりしているのではなかろうか? 一抹の不安を抱えつつも辿り着いた「EQUINE-HOLIC(エクインホリック)」。 そこにあったのは僕らの想像を超えた光景だった。
続きを読む

乗馬

 このあいだ筑波山に行った。 いつもは都内近郊の乗馬クラブをビジターでハシゴしている妻が、たまには少し遠出して馬に乗ってみたいというので、運転手兼撮影手として同行した。
 行ったのはツクバハーベストガーデンという乗馬クラブ。 まだできて一年の家族経営のクラブで、馬はもとより犬や猫、兎に鶏もいる賑やかな場所だった。 妻の相手をしてくれたのはイデ号ことイデムディト。 齢二十の大ベテランで、おとなしい性格のオランダの馬。
 妻はまだ自分の手綱さばきに自信がないようで、撮影した映像をYouTubeに投稿しようとしたら、「もっと格好良く乗れるようになってからにして」とのこと。 けっこう上手に乗ってるように見えるのだが、本人曰く「まだ全然ダメ」。

 行きも帰りも首都高の大橋ジャンクションと山手トンネルを初めて通った。 もう開通してずいぶん経つが、これまではたまたま通る機会に恵まれなかったのだ。
 地下鉄サリン事件が起きた時、僕はちょうどクルマで山手通りの中野坂上付近を走っていて、駅の地上出口に向かう何台もの救急車と擦れ違ったが、その頃には既に工事が始まって数年が経っていた。 そう考えると開通までずいぶんかかったものだと思う。

※音楽がうるさいので再生時ご注意下さい。

 実際走ってみると、よくもまあ都心の地下をこれだけ掘ったものだと思う。 シールドマシン大活躍。 大橋ジャンクションは巨大な立体駐車場のアプローチみたいだった。

Calender

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。