//
archive

台湾

このタグは8件の投稿と関連付けられています

土産話

 先月弟が台湾に行ってきてお土産を貰った。 そして、そのほとんどがいわゆるベビースターラーメンだった。 何を隠そう僕はもう立派なジジイなのだが、それでもこのような子供の遠足のおやつのようなお土産を貰った。 そのお土産の品々で思い出したことがある。
続きを読む

広告

ありがとう、台湾


 前のエントリーにも書いたように、有志による「謝謝台湾計画」が遂行され、5月3日の現地紙「聯合報」「自由時報」に感謝広告が掲載された。
続きを読む

謝謝台湾計画

                        謝謝台湾計画

 東日本大震災後に世界各国から寄せられた様々な支援に対し、日本国政府は米英仏中韓露の各紙に感謝広告を出したものの、ドイツやイタリア、インド、そしてこれら各国のなかでもとりわけ寄せられた義援金の額が突出して多かった台湾に対しても、正式な国交がないことを建て前に中国様に気を使って広告を出稿しなかった。
続きを読む

台湾旅行記 最終話 旅の残像

 わずか4日間の旅で「残像」も何もないのだが(笑)、個人的な備忘録としてお蔵入り寸前の写真や映像をスクラップしておく。

 鼎泰豊本店に群がる人々。 午前11時を過ぎたら難民となることを覚悟すべし。
続きを読む

台湾旅行記 その13 Wifly

 今回も旅先にiPod touchを持参する予定だったので、シンガポールの時に使ったWireless@SGのようなサービスがないか渡航前に調べておいたのだが、さすがにシンガポールのような無料のサービスは存在しなかった。
 台湾でもMr.Brown CoffeeQK珈琲などのコーヒーチェーンでは「無銭LAN」が利用できるが、ガッツリ使いたいのなら有料のサービスを利用した方がいい。 そこで一番使いやすそうなのが「Wifly」だ。


続きを読む

台湾旅行記 その8 九份茶坊

 九份を後にする前に「九份茶坊」に行った。 100年以上前に建てられた地元の名士翁山英の住居跡をオーナーで陶芸家の洪志勝氏が茶藝館としてリノベーションしたもの。 店内はとても広く、地下のギャラリーから空中庭園までそれぞれまったく異なるシチュエーションでお茶を楽しむことができる。
 僕たちが通されたのは1階の小部屋のなかにしつらえられた席。 日本語を話せるスタッフが淹れてくれたのはやはり台湾を代表するお茶のひとつである梨山烏龍茶。 急須のデザインが特徴的な茶器はオーナーの作品だという。 お茶請けに頼んだ茶梅の美味しいこと。
続きを読む

台湾旅行記 その7 九份

 今日は九份へ日帰り旅行。 九份(キュウフン)は侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の名作「非情城市」の舞台になった北部の海沿いの町。 かつては金の採掘で栄えたが、採掘量の減少にともない金鉱が閉山されてから急速に廃れたものの、悲情城市のロケ地となったことでふたたび脚光を浴び、いまでは多くの日本人も訪れる一大観光地となっている。 また「千と千尋の神隠し」もそのシーンの多くがこの九份の風景から借用されている。 ちなみに九份という町の名の由来はかつてこの地が9戸だけの小さな集落だったところからきている。
 ホテルのあるMRT中山駅から一駅の台鐵(台湾鉄路管理局)台北駅へ。 切符を買い瑞芳(ルイファン)駅まで縦貫線で行く。 そこから基隆客運の金爪石(チンクワスー)行きのバスに乗ること15分。 雨のなか峠道をラリードライバーのようなハンドル捌きで転がす地元バスの運転手。 もしこのバスに乗車することがあるならばできるだけ席に座ることをお薦めする。
続きを読む

台湾旅行記 その1 羽田発7:00A.M.

 本来なら昨年の1月に行くはずだった台湾だったが、妻のシンガポール案に敗れて今年になった。 僕にとっては二度目の訪問だが、前回は初めてバリ島に行く途中の経由地として日を跨いだトランジットでエアポートホテルに宿泊しただけであり、実質的にはこれが最初の訪問になる。 まだその頃にはこのようなわずか数時間の滞在にもビザが必要だった。 ちなみに妻は仕事での二度の訪問歴があり今回が4度目。 ただ滞在中はほとんど取引先のクルマでの移動であり街の印象はほとんどないという。 こちらもまた実質的には最初の訪問と言っていい。
続きを読む

Calender

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。