//
archive

売国奴

このタグは3件の投稿と関連付けられています

民主党カルトへの最後通告


 かつて人類史上最大の虐殺事件である毛沢東の文化大革命を「近代化への模索」、大粛清で多くの同胞を殺したスターリンを「子供好きなおじさん」、人民を飢餓で殺しまくった北朝鮮の金日成をそれぞれ「地上の楽園」「ばく進する馬」、そしてカンボジアの総人口の3分の1を虐殺したポル・ポトを「アジア的優しさに溢れている」と褒め称えた朝日新聞。 この新聞が「アジア」を語る時には格別の注意をもって紙面を眺める必要があるが、読んでみると100%例外なく失笑する他ない記事が綴られている。
 余談になるが、民主党参議院議員の有田芳生(よしふ)氏の名前は、労働組合運動の熱心な活動家だった両親により、スターリンのファーストネームにちなんで名付けられたものである。 ついでに言うと、今回のAPECで日中首脳会談に唯一同席した内閣官房副長官の福山哲郎も帰化前の本名は陳哲郎(左の画像)。 民主党の議員は一皮剥けばこんなのばっかである。 だから日本人ではなく外国人を優遇する政策ばかりになる。
 さて、今回の素粒子砲も見事にこのパターンに当てはまる寝言だったが、さすがにかつて韓国に不法占拠されている竹島を「いっそのこと島を韓国に譲ってしまったらと夢想する」と書くようなキチガイ新聞ならではの笑いのエッセンスが散りばめられていた。
 そんな記事に笑っていられたのは、少なくともこれまでは朝日新聞が夢想するようなお花畑的世界が実現する可能性がゼロに等しかったからだが、昨年から続く汚沢傀儡ルーピー友愛前内閣と仙谷傀儡カンガンス売国内閣の亡国政治によってそれが現実化しつつある。 笑えない状況になりつつあるのだ。
続きを読む

昨年の衆院選と今年の参院選で民主党に投票した人間全員が最低でも100回繰り返し観るべき動画

 こんな長い動画とても全部観てられないという人は11:22からだけでも観て欲しい。 例の尖閣沖でのテロビデオの公開を求める自民党の西田昌司議員の質問に対する答弁だが、仙谷がいかに国民を愚弄しているか一目瞭然。 こんなのが我が国の内閣官房長官とは世も末だ。 あってはならないことだ。 悪夢以外の何物でもない。

 こんな長い動画とても全部観てられないという人は3:00からだけでも観て欲しい。 岡崎トミ子はこれまでの議員生活のすべてを反日に捧げてきたとんでもない婆さんである。 ご覧の通り、ソウルの日本大使館の前で毎週水曜日に行われている通称「水曜デモ」に追軍売春婦の婆さんたちと一緒に参加してシュプレヒコールを上げていたような売国奴である。 そんな公安の監視対象だった婆さんが今や「国家公安委員長」である。 菅改造内閣が発足し、この閣僚人事が発表された時は腰を抜かし、自分の耳を疑ったほどだ。
続きを読む

売国奴内閣


 尖閣諸島での中共の工作船衝突事件については別館の方で何度か書いた。 カンガンス内閣は考えうる限り最悪の措置をとり、海洋テロリストの中国人船長を釈放した。 しかも那覇地検は「日中関係を考慮」したという。
 この高度な政治判断(笑)、或いは超法規的措置(爆)については既に各メディアで語り尽くされた感があるが、検察も官邸もあまりにお粗末過ぎて、もはや批判するのも躊躇われるほどである。
 現政権の事実上の首相が仙谷官房長官なのは誰の目にも明らか。 世は正に仙谷時代なのだが、この仙谷が筋金入りの売国奴ときているから始末が悪い。 表向きは内閣のスポークスマンを演じている仙谷だが、船長釈放後の発言のひとつひとつをとってもその異常さが際立っている。
続きを読む

Calender

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。