//
archive

朝日新聞

このタグは18件の投稿と関連付けられています

朝日新聞吉田調書捏造事件

140902f 外国の有力メディアは、「吉田調書」に関する朝日新聞の記事を引用し、相次いで報道した。韓国のセウォル号事故と同一視する報道もあり、「有事に逃げ出した作業員」という印象が植え付けられている。
 米紙ニューヨーク・タイムズ(いずれも電子版)は5月20日、「パニックになった作業員が福島第1原発から逃げ出した」と報じた。「朝日新聞によると」という形で、記事では第1原発所員の第2原発への退避を「命令違反」だと報じている。
 英紙ガーディアンは5月21日付で「『フクシマ・フィフティーズ(福島の50人)』と呼ばれたわずかな“戦闘員”が原発に残り、ヒーローとして称えられた。しかし、朝日新聞が明らかにしたように650人が別の原発に逃げたのだ」と記した。
 オーストラリアの有力紙オーストラリアンも「福島のヒーローは、実は怖くて逃げた」と見出しにした上で、「事故に対して自らを犠牲にし果敢に闘った『フクシマ・フィフティーズ』として有名になったが、全く異なる恥ずべき物語が明らかになった」と報じた。
 韓国紙・国民日報は「現場責任者の命令を破って脱出したという主張が提起されて、日本版の“セウォル号事件”として注目されている」と報道。韓国で4月に起きた旅客船沈没事故で、船長が真っ先に逃げたことと同一視している。

ソース: 【吉田調書】ヒーローが一転「逃げ出す作業員」「恥ずべき物語」に 朝日報道、各国で引用 – MSN産経ニュース

140902b「逃げてはいない」

 福島第一原発の事故当初の3月15日、東京電力が現場から撤退しようとしていると一部で指摘されたことについて、吉田元所長は「何をばかなことを騒いでいるんだと、私は一言言いたいんですけれども、逃げてはいないではないか、逃げたんだったら言えと。現場は逃げたのか、逃げていないだろう。これははっきり言いたいんです。逃げろなんてちっとも言っていないではないか」と述べ、強い不快感を示しています。
 そのうえで、吉田元所長は「最後の最後、ひどい状況になったら退避しないといけないけれども、注水だとか、最低限の人間は置いておく。私も残るつもりでした。例えば事務屋とか、いろんな方がいらっしゃるわけですから、そういう人は極力、より安全なところに行ってもらうということをしないといけないとは思っていました」と述べています。
 さらに、2号機が危機的な状況にあったことを踏まえ、当時の細野・総理大臣補佐官に電話で「プラントはものすごい危ない状態です、ぎりぎりです、水が入るか入らないか、賭けるしかないですけれども、やります。ただ、関係ない人は退避させる必要があると私は考えています、今、そういう準備もしています」と伝えたと述べています。
 また「ことばづかいとして『撤退』という言葉は使ったか」という質問に対し、「使いません、『撤退』なんて」と答えています。(一部抜粋)

ソース: 吉田元所長の証言記録が明らかに NHKニュース

140902e 東京電力福島第一原子力発電所事故を巡る「吉田調書」の全容が明らかになった。
 政府の事故調査・検証委員会が、吉田昌郎元所長から生前に聴取した証言の記録である。
 事実関係のほとんどは、政府事故調の報告書に反映されている。とはいえ、事故対応に当たった作業員の苦労や、吉田氏の心情を生々しく伝える貴重な資料だ。
 津波により、原発冷却に必要な電源が失われた。原子炉に注水し、圧力も抜かねばならなかった。
 事態が切迫する中、当時の菅首相ら官邸サイドや、東電本店から、注水作業などを催促する指示が矢継ぎ早に来た。
 「効果的なレスキュー(支援)が何もないという、ものすごい恨みつらみが残っている」と、吉田氏は不満を口にしている。
 現場の状況を踏まえぬ菅氏らの過剰介入が、作業を遅らせ、士気を損なった。重い教訓である。
 菅氏が、東電の「全面撤退」を阻止したと主張している点についても、吉田氏は「誰が撤退なんて話をしているんだと言いたいぐらいだ」と反発し、「現場は逃げていない」とも述べている。
 吉田調書を入手したとする朝日新聞は、5月20日付朝刊で、作業員が吉田所長の命令に反し、第二原発に撤退したと報じている。
 だが、調書を読む限り、吉田氏は、部下が指示に違反したとは認識していない。

 吉田氏は、「2F(第二原発)に行けとは言っていない」が、指示が伝わる過程で解釈が変わったと説明している。
 その上で、作業に必要な要員以外は「2Fに行った方がはるかに正しい」と、退避を選択した部下の判断を評価した。現場は、放射線量が高く危険な状況だった。
 退避の経緯は、政府事故調の報告書にも詳述されている。朝日新聞の報道内容は解せない。
 吉田氏は「文脈等をふまえなくては誤解を生む」と、調書の非公開を求めていた。しかし、朝日新聞の報道などを受け、証言は独り歩きを始めている。政府は「かえって本人の遺志に反する」として、近く公開する方針だ。
 作業員の奮闘は海外でも称賛されてきた。だが、朝日新聞の「撤退」報道に基づき、米紙が「作業員が命令に反して逃げた」と報じるなど誤解が広がっている。

 吉田氏は、危険を顧みぬ作業員の事故対応に、「本当に感動した」と語っている。彼らの名誉のためにも公開は妥当な措置である。

ソース: 福島・吉田調書 「撤退」も命令違反もなかった : 社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

140902a 冒頭から時系列で三本の記事を引用したが、この問題は非公開の「吉田調書」を入手したとする朝日新聞が、今年の5月20日に一面で「原発事故発生から4日後、福島第一の所員の9割にあたる約650人が吉田所長の命令に背いて福島第二原発に撤退していた」とするスクープ記事を掲載したことに端を発する。
続きを読む

捏造の果てにあるもの

140806c 高度情報化社会(笑)の21世紀にいまだ「アカが書きヤクザが配ってバカが読む」朝日新聞など読んでいるバカはいないと思うのだが、それでも本業は不動産屋に成り下がった朝日新聞がいまだに存続しているのはバカがこの国に一定数いることの証左なのであろう。 常人には理解し難いものの、いまだ5%前後ある民主党支持率はこの一定数のバカの存在を裏付けるものと思われる。 「反体制=正義」みたいな短絡に酔い、特定秘密保護法成立や集団的自衛権行使容認の閣議決定など、朝日や毎日が大々的に現政権のネガティブキャンペーンを展開するたびに官邸前に繰り出して朝鮮太鼓打ち鳴らして大騒ぎしているバカどものことである。
続きを読む

キチガイに刃物、山本太郎に怪文書

131103a 10月31日の園遊会で、天皇陛下に手紙を渡した山本太郎議員の行動について、明治時代に天皇に直訴した田中正造になぞらえる向きもある。元衆院議員の田中は1901年、足尾銅山(栃木県)の鉱毒に苦しむ農民を救おうと明治天皇の馬車に走り寄り、その場でとらえられた。
 「田中正造における憲法と天皇」の論文がある熊本大の小松裕教授(日本近代思想史)は、(1)田中は直前に辞職し個人で直訴したが、山本氏は議員の立場を利用した(2)明治天皇には政治権力があったが、今の天皇は象徴で何かできる立場ではない、という点で「同一視できない」とみる。
 山本氏には「公人の立場を考えるべきだった」と指摘しつつ、政府内の批判にも違和感があるという。天皇陛下が出席した4月の主権回復式典を踏まえ、「政府の方こそ利用しようとしており、あれこれ言う資格はない」。
 一方、栃木県の市民大学「田中正造大学」の坂原辰男代表(61)には、環境や住民を顧みず開発を続けた当時の政府と、福島で大きな被害を出しながら原発再稼働を進める現政権が重なる。「善悪の判断は難しいが、正造が生きていたら同じ行動をしたと思う

■批判、公平でない

 山口二郎・北海道大教授(政治学)の話 今の天皇、皇后のお二人は戦後民主主義、平和憲法の守り手と言っていい。しかし主張したいことは市民社会の中で言い合うべきで、天皇の権威に依拠して思いを託そうと政治的な場面に引っ張り出すのは大変危うく、山本議員の行動は軽率だ。一方で、主権回復式典の天皇出席や五輪招致への皇族派遣など、安倍政権自体が皇室を大規模に政治利用してきた中、山本氏だけをたたくのは公平ではない。山本氏も国民が選んだ国会議員であり、「不敬」だから辞めろと言うのは、民主主義の否定だ。

■政治利用と言うには違和感

 明治学院大の原武史教授(政治思想史)は、「今回の行為を政治利用と言ってしまうことには違和感がある。警備の見直しについても議論されるなど大げさになっており、戦前の感覚がまだ残っていると感じる。政治利用というならば、主権回復の日の式典に天皇陛下を出席させたり、IOC総会で皇族に話をさせたりした方がよほど大きな問題だと感じると話した。
 原教授は自身のツイッターで、「山本太郎議員の『直訴』に対する反発の大きさを見ていると、江戸時代以来一貫する、直訴という行為そのものを極端に忌避してきたこの国の政治風土について改めて考えさせられる」ともつぶやいた。

ソース:山本太郎議員の行動、識者の見方は 園遊会で陛下に手紙:朝日新聞デジタル

 冒頭から田中正造の思いを勝手に忖度するアホと朝日新聞の御用「色者」として名高い北海道大学の山口二郎らの戯言を引用させていただいたことをお詫びさせていただく。 人様の人相に文句をつけられるような立場ではないが、ご覧の通り共産党によくいるタイプの典型的なキチガイの顔である。
続きを読む

大姦民国を偏愛する日本のクズメディア

130514a130514b また偏向ステーションSUNDAYが息を吐くように嘘をついてたのでご報告。
 キャプ画を見ていただければ一目瞭然だが、「先日訪米した韓国の朴槿恵大統領がオバマ大統領と共同会見し、議会で演説もしたのに、安倍首相が就任後訪米した際にはいずれも叶わなかった。 安倍内閣の歴史認識、原発問題や普天間基地移設問題が日米間に影を落とし、アメリカは韓国を厚遇する一方日本は冷遇している」 そんなふうに見えるパネルだ。
続きを読む

日本に無慈悲で中韓に慈悲深いジャーナリスト

テロ朝はわざわざ記事見出しの和訳を貼る念の入れようw

テロ朝はわざわざ記事見出しの和訳を貼る念の入れようw

 例によって安倍政権の閣僚による靖国神社の春季例大祭への参拝について世界中で中国と韓国のキチガイ二国だけが反発している(北朝鮮はマジキチだから省略)。
 例によってマスゴミ各社は大多数の日本国民がまったく興味もなく知りたくもない中韓の反応を延々報じている。 それらを生暖かく眺めていたのだが、やはり靖国神社参拝については1985年に朝日新聞が中韓に「ご注進」報道して以降両国による批判が突然始まった経緯もあり、慰安婦や南京大虐殺同様引っ込みがつかない状況に置かれている朝日新聞、そして系列のテレビ朝日の報道が突出していたように見受けられた。
続きを読む

朝日新聞の捏造癖についての一考察

 職場の屋上から眺めると、ビルの街に隅田川がゆったり光っている。春のうららの……と歌われる季節も近い。思えばそんな春先、3月10日の未明に隅田の川面は死者で埋まったのだった。約10万人が非業の死を遂げたとされる東京大空襲から、あすで68年になる▼きのうの朝日小学生新聞で、当時14歳だった画家、吉野山隆英さん(82)の話を読んだ。隅田川につながる北十間川(きたじっけんがわ)にも遺体が折り重なって浮いていた。いまは東京スカイツリーの足元を走る川である▼思い出すのがつらくて、吉野山さんは空襲の絵を描けないできた。70歳を過ぎて初めて描いた。天をつくツリーが完成に近づいた一昨年には、北十間川の記憶を絵にした。あのできごとを忘れないでほしい――風化にあらがう筆は重々しい▼悲惨な戦争の歴史でも、無差別爆撃は最悪のものだ。米軍は戦争末期、日本の主要都市を軒並み炎に包んだ。犠牲は数十万人にのぼるが、広島や長崎に比べて語られる機会は少ない▼東京大空襲では爆撃機B29が279機飛来し、3時間足らずで下町を焦土にした。戦中派には恨み重なるB29を、昨今の若者は濃い鉛筆のことか?と問うそうだ。話半分に聞くにせよ、いまや戦後生まれがほぼ8割を占めるのは事実である▼移ろいやすい人の世だが、忘れてならぬものがある。11日には大震災から2年がめぐる。その前日の3・10も伝え続けたい。天災と戦争は違うけれど、奪われた命の無念は変わらない。胸に刻む両日としたい。

ソース:朝日新聞デジタル:天声人語(3/10)

 冒頭、見るに堪えない駄文を引用したことをお詫びしたい。 それもこれもまた朝日が捏造をやらかしたことを紹介したかったまでだ。
続きを読む

目糞鼻糞

 大阪市の橋下市長と週刊朝日のバトルは橋下市長の大勝利に終わった。 もとより週刊朝日はあの日刊ゲンダイ(ヒュンダイ)と似たような論調である。 ただゲンダイが書いても「あーゲンダイね、はいはい」で終わるような記事も週刊朝日だとそうもいかない。 今号は完全に常軌を逸していた。

 朝日新聞デジタル:週刊朝日の連載中止 橋下氏巡る不適切な記述で – 社会

続きを読む

赤井邦道ふたたび?


 京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞した。 受賞会見で印象的だったのは山中教授が口にした「日本という国に支えていただいて、日の丸のご支援がなければ、この素晴らしい受賞はなかったと心の底から思った。 まさに日本という国が受賞した賞だと感じている」という言葉。 当然主要各紙はこの部分を会見のハイライトとして扱った。 読売新聞などは山中教授の「日の丸のご支援」という発言を「日の丸の教え」と聞き違え?てそのまま記事にし、ネット上では今日現在でもこの言葉が一人歩きしている(現行記事は修正済み)。

 山中教授「まさに日本という国が受賞した賞」 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 日本嫌いでは定評のある竹橋の変態新聞でさえ当該記事に「日本」という言葉を入れざるをえなかったほど、その文言は正に会見のキモだったわけだが、それでも唯一朝日新聞の記事にだけは「日本」も「日の丸」も出てこなかった。 さすが日本や日の丸が大嫌いなうえに民主党・蓮舫の事業仕分けを絶賛していた新聞だけのことはある。 築地の人民宮殿は今日も平壌運転だ。 もっとも蓮舫は事業仕分けでディスったスパコンは世界一になるわ山中氏はノーベル賞を取るわですっかり逆神としての立場を確立した感がある。 少なくとも朝日新聞よりは役に立ったと言えよう。

続きを読む

素粒子砲暴発

 スーパーでレジ待ちの列に並んでいると、僕の後ろでなかなか自分の順番が回って来ない状況に「(チェッカーの人が)なんでこんなに動きが緩慢なんだ」とか「なんでヘルプの店員が来ないのか」とか、よくもまあこんなに思いつくなあと感心するほどありとあらゆる問題点を指摘して、しまいにはそれも尽き果てたのか今度は呪詛の言葉をつぶやいたりするおっさんっていうのがよくいる。 で、僕もさすがに気になって「いったいどんなおっさんなんだろう?」とそのご尊顔をチラ見したりしてみるのだが、ほぼ100%の確率で団塊世代のおっさんである。 なんでもこの世代は自分の思い通りにいかないことに対しては光速でキレる習性があるという。 そういうキレやすいおっさんがたぶん人生の縁(よすが)としてきたのが朝日新聞である。
続きを読む

覆面の暴力(笑)

 
 小欄には多くのご意見をいただく。不完全な人間が限りある時間と紙幅で書く話だけに、どんなご指摘もありがたい。匿名の声ほど言葉は荒いが、いかに一方的でも、言論による訴えは歓迎だ▼朝日新聞阪神支局が散弾銃で襲われ、記者2人が問答無用で殺傷されて25年になる。脅迫文に「われわれは本気である。すべての朝日社員に死刑を言いわたす」とあった。いきなり戦場に引き出された思いで、負けられぬと誓ったものだ▼同世代の小尻知博記者(享年29)とは家族の年齢もほぼ重なる。父上は昨夏、83歳で旅立った。妻裕子さん(52)はピアノ教師を続け、娘の美樹さん(27)はテレビ局で働く。かたや目出し帽の男は生死も不明、数ある未解決事件の中でも見たい顔の一つだ▼一連の襲撃で彼らが目の敵にしたのは、本紙の論調だった。この国の風土や文化を愛し、歴史のほとんどを誇り、日本語を相棒とする新聞が「反日」のはずもないのだが、ともあれ言論へのテロである▼この四半世紀、インターネットの登場で、表現の自由をめぐる環境は一変した。65歳の憲法21条に守られ、自由を謳歌(おうか)するネット世界。そこで言論テロといえば、大手メディアによる言論「圧殺」も指すらしい。新聞やテレビはすっかり敵役だ▼大手だろうが個人だろうが、異論を許さぬ言説は何も生まない。社会を貧しくする、言葉の浪費である。誰もが発信できる言論空間を守り育てるためにも、形を変えて横行する「覆面の暴力」に用心したい。

ソース:朝日新聞デジタル:天声人語 2012年5月3日(木)

続きを読む

Calender

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。