//
archive

Wall Street Journal

このタグは2件の投稿と関連付けられています

またサンチャンタか

 ウォール・ストリート・ジャーナルからまた怪電波が発信された。 以下は以前にも紹介した東京副支局長のマリコ・サンチャンタによる記事である。 今回は日本語版の記事があったので引用する。

 日本に張り詰めた空気が漂っている。中国のせいではない。村上春樹氏(61)がノーベル文学賞を受賞するかどうかで気をもんでいるのだ。今年のノーベル文学賞受賞者は7日に発表される。
 この1年、プライドを傷つけられるようなできごとが続いた日本は、日本は国民的英雄を待ちわびている。今年の第2四半期、中国に世界2位の経済大国の座を奪われた。国民的アイドル、フィギュアスケートの浅田真央選手は、バンクーバー冬季五輪で韓国のライバル、キム・ヨナとの金メダル争いに敗れた。サッカー日本代表は、今夏のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会1次リーグで快進撃を見せ、国民の期待を集めたが、パラグアイに挑んだ決勝トーナメント 1回戦で散った。現役の一人横綱・白鵬は、モンゴル人だ。
 そうしたなか、国民的英雄というイメージではないかもしれない村上氏に期待のまなざしが注がれている。(中略)
 もし村上氏が受賞すれば、ノーベル賞作家クラブ入りすることになる。日本人のメンバーは大江健三郎氏(1994年に受賞)、川端康成氏(1968年に受賞)の二人だけだ。
 村上作品は商業的で、大衆的過ぎるとの批判もある。だが彼はある偉業を成し遂げている。圧倒的な人気を集め、海外のベストセラーリストの上位に常に名を連ねる、唯一の日本人作家としての地位を確立したのだ。ストックホルムのノーベル賞委員会がこの点を考慮するかどうかは分からない。それでも日本人は密かに、だが心から彼の受賞を願っている。
村上春樹氏、ついにノーベル文学賞? – Japan Real Time – WSJ

 ここにきてマリコ・サンチャンタは自らが背負った「ノリミツ・オオニシの後継者」という十字架をはっきりと自覚したようだ。 その筆致はかつてのオオニシのそれと見紛うばかりである。
続きを読む

反日の構造

 ニューヨーク・タイムズの日本叩きが影を潜めて久しいが、それというのも昨年の2月にその徹底した反日記事で知られた東京支局長のノリミツ・オオニシがジャカルタ支局に飛ばされて?いたからである。
 ニューヨーク・タイムズ(以下NYT)東京支局は韓国の東亜日報東京支局などと同じく築地の朝日新聞本社内にあり、オオニシはそこから東京発の反日記事をせっせと世に送り出していた。 NYTに寄稿されたオオニシの署名記事は共同電などを通じて翻訳されて日本のマスコミの知るところとなり、今度はそれを朝日新聞はじめ日本の大手紙が「天下のNYT」の記事として報じた。 似たような構図は他にもあって、韓国放送公社(KBS)の東京支局は渋谷のNHK放送センター内にある。 NHKが執拗なまでに韓流をゴリ押しする理由のひとつがここにあることは疑いようがない。
続きを読む

Calender

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)

Instagram

画像を Instagram から取得する際にエラーが発生しました。数分後に再試行します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。