//
archive

Noisy Majority

思うところを書く。
Noisy Majority has written 294 posts for Noisy Majority

動くべきか、動かぬべきか

 戦前の予想を覆す健闘で決勝トーナメントに進んだ日本代表。欧州と南米以外でベスト16に勝ち残ったのはメキシコと日本だけである。このことは評価されるべきだと思う。直前に就任し短期間でチームを再構築した西野監督の手腕も大きかった。
続きを読む

広告

ショートトラックとパシュートに見る民族的適性

 戦前からの予想通り史上最低の冬季五輪となった平昌(平壤)五輪が終わった。日本の選手たちの活躍に溜飲を下げはしたが、やはりボイコットすべきだったとの思いを新たにした二週間だった。
続きを読む

横綱白膿

 「地位が人をつくる」という言葉があるが、白鵬には通用しなかったようだ。一昔前、土俵に上がるたびに醜態を晒す横綱の姿など誰が想像しただろうか。 続きを読む

上野動物園

 東京に住んで30年近くになるが、いわゆる東京の観光名所的な場所でいまだに一度も訪れたことがない場所はたくさんある。上野動物園もそのひとつ。 続きを読む

首相、国難突破解散前に国賊放送局制圧

 安倍首相が臨時国会冒頭での解散を表明したその日、午後9時のNHKを皮切りに、テレ朝、TBSの反日御三家のニュース番組に立て続けに生出演した。 続きを読む

さようなら炊飯器、こんにちは文化鍋

 13年使ったタイガーのIH炊飯器。まだ使えないことはないが、蓋が完全に閉まり切らなくなってしまい、そこから蒸気が洩れて水滴がこぼれるようになった。内釜のテフロン加工もところどころ剥がれているのでそろそろ買い換えようとアマゾンで物色してみた。
続きを読む

印象操作の果てにあるもの

 詐欺師の籠池一家にマスコミが乗っかって大騒ぎした「森友問題」は事実上収束した。その根っこの部分に同和問題というテレビが忌避する要素が横たわっている以上、そもそも真相になど迫れるわけもない。 続きを読む

藤井四段に群がるマスコミを見て考えた

 世の中ちょっとした将棋ブームである。言うまでもなく最年少でのデビュー以来無敗のまま連勝記録を伸ばしてきた藤井聡太四段の活躍の賜物だ。2日の竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木五段に敗れ連勝は29で止まったが、将棋界に新たな金字塔を打ち立てた。
続きを読む

コミュニケーション概論

 NHKのドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」が面白かった。鎌倉にある祖母の代書屋を継いだ主人公の鳩子が毎回依頼を受けて手紙を代筆するという話。依頼主が自分ではどうしても上手く書くことができないでいる手紙。鳩子はその思いを汲み取って文字を紡ぎあげ紙の上に定着させていくという困難な作業を、時に鮮やかに、時に苦しみながらもやり遂げていく。一通の手紙を仕上げるまでの鳩子の心模様と文具店に集う人々との交流が物語の本筋だが、鳩子が紙や筆記具を選ぶ過程、字体や見せ方へのこだわりなど、手紙という古典的なツールの奥深さを再認識させられた。またこのドラマの撮影者は「多部未華子を綺麗に撮る」ということにかけては毎回完璧な仕事をしたと断言できる。
続きを読む

掛川花鳥園

 納品のついでに掛川花鳥園に行ってきた。掛川は2002年のW杯の決勝トーナメントのブラジル対イングランドを観戦にエコパスタジアムを訪れて以来だった。園内各所で餌付け体験できたりして鳥さんたちと触れ合うことができる鳥好きにはたまらない施設。ブームなのかフクロウ類が異常に多い。
続きを読む

Calender

2018年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archive

Drink it !

コーヒー(無脳)
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。